2016年12月17日(土)

【ジャンプ屋台村グルメレポート】屋台村のフルコースをフルコースで堪能した!!

12月17・18日にかけて開催されているジャンプフェスタ2017。
その会場内『ジャンプ屋台村』でしか味わうことができない、激ウマなメニューたちをフルコースにみたてて味わいながら紹介するぞ。
※以下、価格はすべて税込

まずは、前菜の5つのメニューを食す!!

●オールマイトのヘアポテト
『僕のヒーローアカデミア』
価格:¥500

オールマイトのインパクトのある髪型をポテトで再現した「オールマイトのヘアポテト」。カラリと揚がったながーいポテトは、においだけでも食欲をそそられた。一口食べるとオールマイトのようなマッスルボディになれるような気がしたぞ!! また、オールマイトがプリントされているお洒落なカップもお土産になるかも……!?

b6_01
b6_02

●銀卵&金卵
『銀魂』
価格:¥500

なんともゴージャスな色をしている「銀卵&金卵」。二つの燻製の卵に添えられたトッピングのマヨネーズとあんこは、甘いもの好きな主人公・坂田銀時の「宇治銀時丼」とマヨラーで真選組の副長・土方十四郎の「土方スペシャル」をイメージしていて、甘さとマヨっぽさを感じられるぞ!!

b6_03

●ヒナガラスまん
『ハイキュー!!』
価格:¥500

主人公・日向がデフォルメされたヒナガラスをかたどった「ヒナガラスまん」。ふわふわの生地とジューシーな肉ダネの組み合わせは、作中の日向と影山のコンビのように息がぴったり!! ウマさがゼロテンポで襲い掛かって来たぞ!!

b6_04

●森崎先生監修! お食事処ゆきひらのJF17特製メンチカツ
『食戟のソーマ』
価格:¥450

森崎先生監修で作られたこのメンチカツは、一口噛めば衣のサクサク感とひき肉のジューシーさが口の中一杯に広がる至高の一品だ。たっぷりとかけられたデミグラスソースは、深みがありメンチカツのウマさを更に引き出していたぞ!!

b6_05

●だってばさき
『BORUTO-ボルト-』
価格:¥450

塩加減が絶妙な「だってばさき」。ぱりぱりの皮と、ジューシーな鶏肉に思わず手が止まらなくなる。思わず、ボルトのように「美味すぎるんだってばさ!」と叫んでしまった!!

b6_06
b6_07

お次は、いよいよメインディッシュだ!!

●ONE PIECE連載20周年記念!! 麦わらの肉肉宴BOX
『ONE PIECE』
価格:¥1300

見た目も大ボリュームの「麦わらの肉肉宴BOX」。正に肉肉宴の名前に相応しく、チキンライスの上にはお肉がぎっしり!! 麦わらの一味の旗が立てられたハンバーグや、から揚げなど、ルフィも大喜びなラインナップ。
また、特典として麦わらの一味があしらわれたランチクロスもゲットすることができたのだ!!

b6_08
b6_09

●ろくろと紅緒 2色の陰陽カレー
『双星の陰陽師』
価格:¥700

なんと1皿で2つの味を楽しむことができる「2色の陰陽カレー」。そのまま一種類ずつ食べてもいいけど、裏技的に2種類を混ぜて食べてみても、他人同士だったろくろと紅緒が、絆を強めていくのを感じられて体のケガレが祓われるほどのウマさだ!!

b6_10

●黒の暴牛丼
『ブラッククローバー』
価格:¥650

「黒の暴牛丼」には、たまねぎと一緒に甘辛く炊かれた牛肉が、たっぷりとご飯の上に乗っている。しかも、そのご飯も“タダ者”ではない。なんと、肉の下には真っ黒なご飯が!! 食べた瞬間に黒の暴牛の一員になったかのような気分を味わえた!! 思わず筋トレを始めてしまうほど!!

b6_11
b6_12

●最強キッズプレート
価格:¥700

みんな大好き「最強キッズプレート」は、ジャンプ屋台村の魅力的なフードを少しずつ詰め込んだお得なメニュー!! 会場でいろいろなものを食べてみたいと思ったら、是非オススメだ!!

b6_13

シメはデザートで、胃も心もゆったり……

●照橋心美のおっふる
『斉木楠雄のψ難』
価格:¥450

名前も見た目も超キュートなワッフルは「照橋心美のおっふる」。究極絶対最強愛されガールである、照橋さんの事を思い浮かべながら食べてみたところ、やっぱり「おっふ」しちゃいました。

b6_14
b6_15
b6_16

●青のエクレア
『青の祓魔師』
価格:¥450

作品名にも入っている「青」をイメージカラーとした「青のエクレア」。なんと、クリームと生地をコーティングするチョコまで青なのだから驚き。主人公・奥村燐の「青い炎」をモチーフにしており、クリームはほんのりベリー風味でこちらも絶品!! これを食べれば祓魔師になれる!?

b6_17

●祝40周年!!こち亀紅白シェイク
『こちら亀有公園前派出所』
価格:¥400

見た目も鮮やかな紅白のシェイクはイチゴとヨーグルト風味。連載40周年と単行本200巻を記念して作られたシェイクの上には、眉毛が特徴的な両さんの顔がココアパウダーで、ドドンと描かれている。凄まじい再現度に、思わず飲むのをためらったほどの逸品だ!!

b6_18
b6_19

◆屋台村総括

今回、屋台村をフルコースで堪能してみて分かったのは、やはりジャンフェスは楽しい!! ということだった。展示ブースや、様々な催し物が行われるステージは、それだけでもとても楽しめるけど、やはりお腹を満腹にして見る展示品や、ステージは格別だ!! ただし、フードが美味しいからといって食べすぎには注意だぞ!!

関連情報/外部リンクはこちら