2016年12月17日(土)15時47分

麻生先生も登場! 2016年の『斉木楠雄のΨ難』を締めくくるジャンプスーパーステージをレポート!

『斉木楠雄のΨ難』のジャンプスーパーステージでは、TVアニメの出演声優陣に加えて原作者の麻生周一先生やでんぱ組.incも出演した豪華ステージで、賑やかなトークが展開したぞ!

d3_dsc4989_01

原作者とアニメのキャストは心が通じて当然!? “テレパシークイズ”の結果は?

ステージが始まり、オープニングを飾ったのはジャンプスーパーステージでは恒例の豪華声優陣による生アフレコでの寸劇。斉木、燃堂、海藤の3人の掛け合いの中に麻生先生もこっそり登場し、大いに会場を沸かせたところで出演陣がステージに登場した。

今回のステージに登場したのは、TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』で斉木楠雄役を務める神谷浩史さん、燃堂力役の小野大輔さん、海藤瞬役の島﨑信長さん、そして原作者である麻生周一先生の4人。ジャンプスーパーステージ初登場の麻生先生が多くの来場者を前にちょっと緊張しつつ挨拶を行い、本格的にステージがスタートした。

d3_dsc4994_02

最初のコーナーは「麻生先生テレパシークイズ」。こちらは麻生先生に向けて質問を行い、先生がその答えをフリップに書いて声優さんたちに念で送信! 声優陣はその念を読み取って先生の答えを予想するという内容だった。進行役を務めた小野さんの、“原作者と出演声優なら、テレパシーで通じ合って当然!”というムチャ振りに神谷さん、島﨑さんも大苦戦! 「ごひいきのキャラクターは?」という質問に対して、「キャラがたっていないから、高橋」、「今後の展望は?」には、描きたいと思っている読み切り作品の話題を持ってくるなど、麻生先生の回答も予想外の変化球ばかり。思わず笑いが出てしまうやり取りに、会場も大いに盛り上がった。

d3_dsc5040_03

TVアニメから実写映画までメディア展開の話題の後は、でんぱ組.incのスペシャルライブ!

続いてのコーナーでは、最終回を目前に控えたTVアニメ『斉木楠雄のΨ難』と、2017年に公開する予定の実写映画が話題に。いよいよクライマックスを迎えるTVアニメの話題では、スクリーンに最新の次回予告が上映され、それを受けて麻生先生と声優陣が最終回への想いを熱く語った。

d3_dsc5069_04

TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』公式サイト

さらにステージでは、2017年のビッグイベントとして見逃せない、実写映画『斉木楠雄のΨ難』についてのトークも。『銀魂』の実写映画も手がける福田雄一さんが監督、山﨑賢人さんが主演を務める今回の映画は、週刊少年ジャンプの紹介記事でも大きな注目を集めている作品。麻生先生からも、「描いたキャラクターがそのままいる感じ」という映画の撮影現場のエピソードが語られ、来場者の期待を高めていたぞ。

続いては、週刊少年ジャンプ誌上で告知されていたとおり、TVアニメのテーマソングを担当していたでんぱ組.inc(古川未鈴さん、相沢梨紗さん、夢眠ねむさん、成瀬瑛美さん、最上もがさん、藤咲彩音さん)の6人が斉木楠雄のコスプレ衣装で登場! ステージでTVアニメの第1期ED曲「Ψです I LIKE YOU」と、第2期OP曲「最Ψ最好調!」の2曲を歌うスペシャルライブが行われ、会場の熱気も最高潮に! 「でんぱ組.incも来るよ」と聞いて今回の出演を決めたという麻生先生も、袖から観るという初めての体験に感激していた。

興奮のライブが終わると、でんぱ組.incのメンバーから作品への思い入れが語られ、麻生先生と声優の皆さんからは、今回のステージの感想と来場者へのメッセージが伝えられた。最後はステージの面々と来場者が一緒に『斉木楠雄のΨ難』ではおなじみの「おっふ」コール! 笑いあり、ライブありの豪華なステージはこうして幕を閉じた。

関連情報/外部リンクはこちら