2016年12月18日(日)11時16分

篠原健太先生による『彼方のアストラ』の裏話が…!?――週刊少年ジャンプステージ「少年ジャンプ+」

「少年ジャンプ+」で『彼方のアストラ』を大好評連載中の篠原健太先生が登場! 担当編集と一緒に、魅力溢れるキャラクターたちをアツく紹介してくれたぞ! さらに、篠原先生作の大人気漫画『SKET DANCE』の制作秘話まで飛び出した!?

篠原先生と担当編集による『彼方のアストラ』のマル秘トークショー!

jf2017_e4_01
jf2017_e4_02

『彼方のアストラ』原作者の篠原健太先生と担当編集の川島さんによるトークセッションがスタート! まずは、川島さんが『彼方のアストラ』のストーリーをざっくり解説! 現在から約50年先の2063年の未来を描いた物語。キャンプの途中に謎の球体によって宇宙空間に飛ばされてしまった高校生9人が力を合わせ、この絶望的状況をどう生き抜いていくのか!? 宇宙を舞台にした近未来サバイバルストーリーとなっています。

jf2017_e4_03

ストーリーをおさらいしたところで、続いてはキャラ紹介へ! 9人の生徒たちをひとりひとり紹介していく篠原先生と川島さん。正義感が強くリーダーシップもある、まさに王道主人公のカナタや天然のドジっ子ヒロインのアリエス、他にも、IQ200のザックやセレブのキトリーなど魅力的なキャラクターたちを解説。さらに、登場人物のひとりであるルカにはある重大な秘密があり、ちょうど昨日更新された最新話で公開されたとのこと。アツいトークを交わすふたりからキャラクターへの溢れる愛がひしひしと伝わってきたぞ!

少年ジャンプ+『彼方のアストラ』の最新話はこちら!

jf2017_e4_04

作中でカナタたちが着ているクラフトスーツや宇宙船にも細かな設定画があるという篠原先生。クラフトスーツのメーカー名に「ヒュペリオン」や「ファルケン」という名前を使った時は、ちょっとしたボケにも関わらず、『SKET DANCE』と世界観が繋がっているのでは!? と大きな反響をいただいたとのこと。

イラストコーナーで篠原先生が「両さん」を描く!

『彼方のアストラ』の紹介が終わったところで、せっかく篠原先生に来ていただいたのだから、”アノ作品”の話も聞かないともったいない! そう、みなさんご存知、週刊少年ジャンプで連載されていた篠原先生の初連載作『SKET DANCE』! 『彼方のアストラ』と対照的に、たくさんのキャラクターが登場し、その数はなんと300以上! しかもそのキャラクターひとりひとりにちゃんと設定を設けているという。

jf2017_e4_05
jf2017_e4_06

ここで、篠原先生に急遽イラストを描いていただくことに。過去にもジャンフェスで『銀魂』の銀さんを描いたことがあるという篠原先生。そこで、今回は先日のジャンプで掲載された「こち亀トリビュート企画」で激似と反響があった『こち亀』の両さんに決定! 資料もないまま手際よくペンを走らせ、両さんのイラストを完成させた! さすがの完成度に会場は大盛りあがりとなると、イラストを描き終えた篠原先生本人は、これはなんのイベントなんだ!?(笑)とコメント。

豪華プレゼント満載のジャンケン大会が開幕!

jf2017_e4_07
jf2017_e4_08

ステージも終盤に差し掛かると、篠原先生の粋な計らいでさきほど描いた「両さんイラスト」&直筆サインが入った「ファルケンTシャツ」をめぐるジャンケン大会を行うことに。滅多に手に入らない貴重な賞品ということで、お客さんも真剣にジャンケンに挑んでいたぞ! そして、みごとジャンケンを勝ち抜いた強運の方々に、篠原先生から賞品が渡された。

jf2017_e4_09

最後に、今後の『彼方のアストラ』の話題になったのですが、今後の展開は残念ながらなにも言えないという篠原先生と川島さん。ただ、今後はテンポを上げてストーリーが進んでいくことに加え、コミックスも1巻より2巻、2巻より3巻とさらに面白くなっていくのでよろしくお願いしますと最後に篠原先生が語った。篠原先生の細かなこだわりがたくさん判明した今回のステージ。2017年も『彼方のアストラ』から目が離せない!

関連情報/外部リンクはこちら