2017年1月27日(金)18時27分

ダッシュエックス文庫2周年記念フェア実施中! 人気作品のコミカライズも続々デジタル版に!

アニメ化タイトルがいっぱい! 集英社ラノベの原点を探る

現在、創刊2周年記念フェアを実施中の集英社ライトノベルレーベル「ダッシュエックス文庫」。その前身となる「スーパーダッシュ文庫」の頃からメディアミックスもさかんで、たくさんの作品がアニメ化やマンガ化され、今はデジタル版で配信されているタイトルもあります。普段読むのはマンガだけ、ラノベは読まないという人も『カンピオーネ!』『R.O.D』といったタイトルは聞いたことがある人も多いんじゃないでしょうか。TVアニメ化もされてますしね。

ところで数多くの人気作を世に送りだしてきた「ダッシュエックス文庫」&「スーパーダッシュ文庫」ですが、集英社のラノベ自体はいつ頃からあるか知っていますか?

遡ることおよそ四半世紀。実は王道ファンタジー作品がたくさんラインナップされていた、「スーパーファンタジー文庫」というレーベルが1991年に創刊されていたのですが、このレーベルが「スーパーダッシュ文庫」の元になっていたんです。

ジャンルは何でもアリの「スーパーダッシュ文庫」が誕生

その後、ラノベ界で学園モノが人気になったこともあり、少年向けのレーベル「スーパーダッシュ文庫」が2000年に誕生しました。「スーパーダッシュ文庫」になってからは、メディアミックス展開も盛んになり、『R.O.D』、『ベン・トー』、『パパのいうことを聞きなさい!』、『紅kure-nai』などの作品がアニメ化し、トム・クルーズ主演でハリウッド映画化された『All You Need Is Kill』は非常に大きな話題になりました。映画を観て原作小説を読んだ人も多いと思います。

もちろんコミカライズにも意欲的で、ラノベを原作としたコミカライズマンガ誌の「スーパーダッシュ&ゴー!」が創刊され、ジャンプSQ.をはじめとする各ジャンプとコラボも盛んに行われました。

スーパーダッシュ&ゴー!

『ベン・トー』のマンガは、原作小説でイラストを担当している柴乃櫂人先生が作画しています。原作から入った方にとって、思い描いていたビジュアルイメージがそのままマンガになるのは、非常にうれしいポイント。

『All You Need Is Kill』のコミカライズでは、小畑健先生が作画を担当。小畑先生の非常に高い作画力によって描かれる、ハードな世界観に圧倒されますよ!

創刊2周年を迎えた「ダッシュエックス文庫」!

そして、この動きをさらに発展させる形で、2014年に「スーパーダッシュ文庫」は「ダッシュエックス文庫」へとリニューアル。著者・松智洋先生、イラスト・矢吹健太朗先生による『はてな☆イリュージョン』をはじめ、山形石雄先生『六花の勇者』など強力なラインナップで注目を集めます。現在もアサウラ先生、丈月城先生、
新木伸先生の新作が控えているなど、話題に事欠かないライトノベルレーベルです。

現在は創刊2周年を迎え、人気作品の特製グラフィグを抽選で合計7000名にプレゼントするという大規模なプレゼント企画も実施中! 応募締切は2017年1月31日(火)までと、まだ間に合いますので、ぜひチェックしてください。

さらにデジタル版を配信している「BOOK☆WALKER」では、只今ヒロイン特典総選挙を実施中です。投票結果が1位~5位のヒロインは、次巻の期間限定特典として、各ヒロインが登場する書き下ろしショートストーリーがプレゼントされるなど、スペシャルな特典が満載! 加えてノミネートされたヒロインの作品のうち、対象となっている巻が120円(税込)の特別価格で購入できる超太っ腹な企画になっていますので、この大チャンスをお見逃しなく!
実施期間は2017年2月2日(木)23:59まで!
「ヒロイン特典総選挙」の詳細はこちら

新たな人気作品が次々と生み出される「ダッシュエックス文庫」ですが、上述の『六花の勇者』をはじめ、引き続きコミカライズも盛んです。特に注目は『ベン・トー』と同じく原作イラストレーターがマンガも描く『文句の付けようがないラブコメ』! 肋兵器先生のマンガが「となりのヤングジャンプ」で連載中です。

また、創刊2周年プロジェクトの一つ「ヒロイン特典総選挙」にヒロインがノミネートされている『英雄教室』も要チェック! 現在ガンガンONLINEでマンガも連載中なのですが、単行本1巻が小説の最新7巻と同時発売で1月25日(木)に発売されました。今なら店舗特典がもらえる「1巻発売記念フェア」も開催中ですよ。(※特典がなくなり次第終了となります)

ガンガンONLINE 『英雄教室』のサイトはこちら

 

――といったわけで、小説・マンガ・映画と、同じ作品を色々な媒体で楽しめるのがメディアミックスのいいところ。
まったく作品を知らない人はもちろん、すでに原作のラノベを読んでいる人も、マンガを試してみてはいかが?

関連情報/外部リンクはこちら

S-MANGAでスーパーダッシュ文庫コミカライズ作品を試し読み