2017年3月2日(木)18時51分

【まいっちゃうわマチコさん!コミックス発売記念】真城ひな先生×相席スタート スペシャル対談3

女子のホンネが突き刺さる4コマギャグ、『まいっちゃうわマチコさん!』の愛蔵版コミックス発売を記念して行われた、真城ひな先生と相席スタートのスペシャル対談。第3回は女性が興奮する男性の仕草から、それぞれがSかMかまで話題が広がります!

スペシャル対談2はこちら

●「僕」から「俺」に切り替わる瞬間に興奮!

「僕」から「俺」に切り替わる瞬間に興奮!

──ケイさんと真城先生に質問です。マチコが“課長のバイブが鳴っている”のを見て二刀流と妄想して興奮しますが、お二人が興奮した男性の仕草ってありますか?

相席スタート・山﨑ケイ(以下、ケイ):私はアレですね。ドMなんだって言われると興奮する。自分がSだって思ってるわけじゃないんです。でもドMって言ってる男性を見ると心の何かが疼くというか…!

相席スタート・山添寛(以下、山添):心の何や。

ケイ:それで、あっSなのかなぁ…と。

──いつもはどっち派なんですか?

ケイ:どっちもなんですよねぇ…!

──両刀使いですねぇ。

山添:何の話や。

ケイ:どっちも持ってる人がいいです。でも私、最終的にはMな気がするんですけども。ドSって言い張る男の人に、よく「意外とMでしょ?」って言われるんですよね。それでいつも「なんなんだ…!(怒)」ってなるんですよ。

山添:向こうは本当に当てようとしてるのかもしれないし、もしくは言った時の反応を見てるのかもしれないですね。

──自分の中のSの部分を出されるとゾクゾクしちゃうってことですね、先生は?

真城:全然エロくないんですけど…

──大丈夫です(笑)

真城:そんなに親しくない男の人と話してて、「僕は~」みたいに話してる中で、「オレは…あ、僕は」って言い直すところがすごい好きで!

(うなずく女子一同)

山添:え、分かるんですか?

真城:「僕」っていうタイプの人なんだとか、「俺」っていうタイプの人なんだっていうカテゴリがあります。一人称が何かっていう。

山添:そういうところまで見てはるんやなぁ。

ケイ:山添も「僕」って言う時と「俺」って言う時とあるよね。

真城:なんか、その瞬間に気を許された、みたいな。私という存在をちょっと忘れて、意識をせずに自分の世界にいるみたいな、そこに置いてくれたんだっていう事がすごい嬉しくて。

ケイ:相手によって変えたりとかするんですか?

山添:「僕ですか? あっ、俺ですか?」

真城:…うーん、そうですね。

ケイ:全然キュンときてない(笑)

山添:反応遅かった!

真城:実際に変えるのって、相手が身近になってきたから「俺」に変えたりとかするものなんですか?

山添:潜在的にそうかもしれないですね。自覚してるわけじゃないです。男同士やったら知らん間に「俺」ってなってそうやし、女の人に喋るってなったら距離が遠かったら遠いだけ「僕」の頻度が多い気がしますね。ほんまに先生が言ったようにどっかで「俺」になるんやと思います。

真城:その瞬間にキュンときますよね!

山添:…次からは意識的に使いわけます。

●”淹れる”の字がエロく浮き上がってくる!?

”淹れる”の字がエロく浮き上がってくる!?

──マンガでは、童貞の後輩男子の千葉くんから「僕の白子あげます」って言われてマチコさんがキュンとしてしまうヒトコマがありました。まわりに沢山のお笑い芸人さんがいらっしゃるケイさんも色んな言葉を浴びせられてると思うんですけれど、「実は他の意図もあるんじゃない?」って思った一言ってありますか?

ケイ:ネタ合わせとかしてて、けっこう深夜にやったりとかするんですけれど、そういうときはツッコミっていう言葉ですら、もうなんだかわからなくなってきて。

山添:ツッコミはツッコミですよ(笑)

ケイ:「ツッコミ強すぎません?」とか、あぁツッコミ…とか。ツッコミって言葉はなんかこう、疼いてくるみたいな(笑) こっちも寝てないときとか。

山添:記者さん、カタカナ表記でお願いします。

ケイ:マチコさん的な感じかもわからないんですけど、この前、街で淹れたてコーヒーっていう看板を見てて、「淹れる」っていう字が妙にエロく浮き上がってくる時があるんですよ。あの字もなんか妙に、淹れたて…淹れたて淹れたて…みたいな(笑)

山添:勝手に連想ゲーム始まってる。

──それはけっこうな上級者ですね(笑)

ケイ:ツッコミとかはほんとうに、夜遅くなってくるとおかしくなる時ありますけどね。

真城:ちょっと悶々としてくるっていう。

ケイ:そうですねぇ。

山添:悶々としてネタ考えとったんか。

──ちなみに先生には、合コンとかされたことあります?

真城:あります。

──明らかに私を誘ってるっていう感じの人がいたとして、「この言葉を言われたらちょっと嫌だな」とか、ありますか?

真城:さっきケイさんが言ってた、俺ドSなんだよねっていうのは、それは「お前何様?」って思いますよね(笑)

──先生はSとM、どっちなんですか?

真城:私はどうなんですかね、でもMじゃないとは思いますね。

山添:ケイさんも先生も、「俺ドSなんだよね」っていうのと「俺ドMなんだよね」は、どっち言われた方がゾクゾクするとかあるんですか?

ケイ:私は絶対ドM。俺ドSって言われると、なんなの!? と思う。そのドS宣言は何なの!? 何の宣言なの!? って。

山添:なに勝手に立候補してんねんみたいな。

ケイ:「ドMなんだよね」は、ちょっと控えめというか、可愛げがあるの。ドSの人って、「俺ドSだから。うん」みたいな!

山添:常にSっけが。

ケイ:だから? なんなんすか? なんなんすかドS宣言。

真城:なんかそういう人って大体股間に頭を押し付けてくる派なんですよね。そういうことじゃないからSって!っていうね。

山添:先生! これ、どうやって文字にしたらいいんですか!

真城:Sってそういうことじゃない!って思う!もっと精神的なことだから!

ケイ:Sをはき違えてる男って居ますよね。自分の性欲を満たしてるだけであることをSだって言ってる男だとか。

真城ひな先生×相席スタート スペシャル対談

ますます加熱するホンネトークの応酬に現場は爆笑の連続でした。次回はいよいよ最終回。”男を落とす必殺技”や、真城先生の『マチコ先生』執筆へのこだわりまで、たっぷり語っていただきますよ!


相席スタート プロフィール
2013年結成、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。山﨑ケイ(やまざきけい)と、山添寛(やまぞえかん)の漫才コンビ。「イイ女」ネタや恋愛ネタ、ちょいエロネタで人気上昇中。「M-1グランプリ2016」ファイナリスト。

真城ひな プロフィール
2005年「りぼんオリジナル」4月号に掲載の『天子サマにお願いっ!』で漫画家デビュー。2006年より「りぼん」で家族コメディ4コマ『ややプリ』を連載。2015年9月より「マーガレットchannel」で『まいっちゃうわマチコさん!』をWeb連載中(毎週月曜更新)。「ニコニコ静画」や「となりのヤングジャンプ」でもWeb連載中。7月5日生まれ、O型。

★相席スタート、真城ひな先生サイン入りチェキを抽選で合計10名様にプレゼント!

@ComicSync 公式Twitterをフォローして、【キャンペーン投稿ツイート】をリツィートすれば応募完了! 3人のサイン入りチェキが抽選で合計10名様に当たります! 締め切りは、2017年3月10日(金)まで。当選者の方には、TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡いたします。
キャンペーン投稿ツイートはこちら!(応募受付は完了しました)

machiko_ph

※応募にはTwitterアカウントが必要です。登録方法はTwitterサイトにてご確認下さい。
※Twitterアカウントが非公開設定になっている方、ツイートが検索対象外となっている方も応募が無効となりますのでご注意下さい。
※当選者向けDM送付にはComicSync公式Twitterアカウントをフォローしていただく必要があります。
※応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。

相席スタートのトークライブ「相席ナイトクラブ」開催!

トークライブ「相席ナイトクラブ」に、真城ひな先生がゲスト出演決定!

日時:3月10日(金)開場21時15分/開演21時30分
出演: 相席スタート
ゲスト:真城ひな
会場:ヨシモト∞ホール
チケット:前売1200円/当日1500円

チケットは、よしもと(http://yoshimoto.funity.jp)にて発売中!!

関連情報/外部リンクはこちら

©真城ひな/集英社 ©吉本興業