2017年3月21日(火)17時41分

笑いあり涙ありの下町人情コメディ!秋本治・4誌新連載プロジェクトの第4弾『いいゆだね!』が連載スタート!

昨年9月に、連載40周年&コミックス200巻発行をもって、週刊少年ジャンプでの『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載を終了。
現在は、「こち亀展」が横浜会場にて好評開催中ですが、間をおかずに、4誌で新作を不定期連載するという壮大なプロジェクトを発表してファンを驚かせた秋本治先生。まずはグランドジャンプで西部劇『BLACK TIGER―ブラックティガー―』、続いてヤングジャンプで女子高生物語『ファインダー―京都女学院物語―』、さらにジャンプSQ.でスパイアクション『Mr.Clice―ミスタークリス―』を連載開始し、それぞれ『こち亀』とは一味も二味も違う秋本ワールドを展開中。そして、いよいよ3月18日(土)発売のウルトラジャンプ4月特大号で、プロジェクトの最後を飾る『いいゆだね!』の連載が開始されました!!

3月18日(土)発売のウルトラジャンプ4月特大号

約20年の歳月を経て、伝説の下町銭湯奮闘記が蘇る!

『いいゆだね!』は、もともと1994年にスーパージャンプで連載された読切シリーズ。東京下町の銭湯“熊乃湯“を舞台に、生まれはブラジル、心は江戸っ子の看板娘・マリアが大奮闘する下町人情コメディです。

『いいゆだね!』<読切版>はこちらで公開中!(期間限定)

 秋本治_いいゆだね!

<ストーリー>
世界中を歩きまわる山師稼業の夫・熊五郎の留守を預かるマリアは、前妻との息子・鷹織、熊五郎の父・虎五郎じいさんといっしょに銭湯を切り盛りする。住民の高齢化と不利な立地条件により客足が遠のき、経営の危機に見舞われている“熊乃湯“を復活させるため、マリアが提案した驚愕のアイデアとは!?

【秋本治先生のコメント】
改めて取材にも行ったんですが、向島のあたりは変わってなくて、それがとても嬉しかったんです。古いだけじゃなくて、そこからスカイツリーが見えて、新しくもあった。だったら観光名所を通じて外国人観光客を案内したりもできるし、これはストーリーが広がるなって思いました。『日本人が江戸時代から入ってるお風呂』とも言えますよね、銭湯って。現代の東京事情みたいなのもあわせて描けたらなあと思っています。
グランドジャンプWEB インタビュー
秋本治の語る「新たな挑戦」!!~“40年越し”の情熱とは!?~より

秋本先生も語っているように、『いいゆだな!』には、実在の下町の風景も続々と登場。綿密な取材によって描かれる”現代の東京”にも注目です!

4誌新連載プロジェクトの他の作品もチェック!

最後に、すでに連載が始まっている秋本治・4誌新連載プロジェクトの3作品をご紹介! 『いいゆだね!』のマリアを含め、プロジェクト作品は、主人公が全員女性(1人、微妙な存在がいますが…)であることも、『こち亀』との大きな違い。性格も設定も大きく異なるヒロインたちの魅力を、ぜひ味わってみてください!

●『BLACK TIGER―ブラックティガー―』

秋本治_BLACK TIGER―ブラックティガー

南北戦争直後のアメリカを舞台に、殺しのライセンスを持つ女ガンマン”ブラック・ティガー”が、凶悪兵器を備えた敵との死闘を繰り広げる痛快ガンアクション。
次回は、5月2日(火)発売のグランドジャンプ11号に掲載!

●『ファインダー―京都女学院物語―』

秋本治_ファインダー―京都女学院物語―

舞台は京都の郊外、亀岡。写真部に所属する4人の女子高生のふんわりとした日常を描く、秋本先生の新境地!
次回は、6月8日(木)発売のヤングジャンプ28号に掲載予定!

●『Mr.Clice―ミスタークリス―』

秋本治_Mr.Clice―ミスタークリス―

月刊少年ジャンプで不定期連載されていたスパイアクションが復活! 作戦中の事故で脳を女性の体に移植された男性スパイ・繰巣陣が、世界を飛びまわって様々なミッションに挑む。
次回は、今夏発売のジャンプSQ.に掲載予定!

月刊少年ジャンプ版『Mr.Clice―ミスタークリス―』の試し読みはこちらから!

関連情報/外部リンクはこちら