2017年4月25日(火)18時44分

料理だけでなくお皿にも愛を!『ONE PIECE』×KUTANI SEAL KiTで “世界にひとつしかない” 自分だけのONE PIECE皿を作ろうッ!

ONE PIECE_サンジ

…料理は愛だ。皿でさえ、愛情を欠いては料理の味は落ちる。
できればもっと、ナミさんやロビンちゃんにおれの愛が伝わる皿が欲しい…。

ONE PIECE_ホグバック

…いや、そこまで贅沢は言わないけどね、せめてプリンをのせる自分の皿ぐらいはさ…!!!
S-MANGA.netで『ONE PIECE』を試し読み

 

どうもライターの“うめ”です。今回ぼくが紹介するのは
そんなサンジやホグバックの思いを実現させた(!?)こちら!!

『ONE PIECE』×KUTANI SEAL KiT
『ONE PIECE』×KUTANI SEAL KiT
『ONE PIECE』の原作イラストを使って、“九谷焼”のお皿を手軽に作ることができる『ONE PIECE』×KUTANI SEAL KiTです!

・九谷焼とは?
石川県の南部で生産されている伝統的な陶磁器。本焼きした陶磁器に顔料で紋様を描き、再度焼きなおす「上絵付け」によって、優美な色絵装飾が施されているのが特徴。
そして九谷焼は本来、職人が筆で絵を描きますが、あらかじめ文様が印刷された転写シールを器に貼り付けることで、誰でも手軽に“絵付け”ができる――というのが、この「KUTANI SEAL KiT」なんですね。

『ONE PIECE』×KUTANI SEAL KiT_箱
『ONE PIECE』×KUTANI SEAL KiT_中身

ほうほう…なるほど! たしかにキットの中身をみるかぎり、シールを貼り付けるだけで簡単に作れそうな気がします――普通の人なら!

…でもね、ぼく、生まれついての不器用なんです。この不器用なぼくの場合、キットに同封された説明書オンリーだと、どうにもうっかり失敗しそうで怖いんです…。きっと何でもないところで、致命的なミスをする気がするんですね……今までの経験上!!!

――そんなわけで、プロのお話をまずは伺いたいと思ったら、ワークショップ(体験型講座)が開催されるっていうじゃないですか。そこで、4月22日(土)より「麦わらストア」や「JUMP SHOP」の各店舗で開催されたワークショップにお邪魔させてもらい、ぼくじゃない誰かが上絵付けをしている様子なんかをつぶさに見学して……うまくやる方法を見抜いてきました。今回は、そのコツをみなさんにもご紹介しますね!

▼取材に協力していただいたお店はこちら

・「JUMP SHOP」 東京ドームシティ店
『JUMP SHOP』 東京ドームシティ店
東京ドームシティ店の店長・金次さん。
↑東京ドームシティ店の店長・金次さん。
・「ONE PIECE  麦わらストア」渋谷本店
『麦わらストア』渋谷本店
渋谷本店のやすかわさん。
↑渋谷本店のやすかわさん。

さて、この日は土曜日ということもあって、店内は家族づれや若いお客さんでいっぱい! うららかな陽気と、休日ののどかな雰囲気が、いい感じに店内にも漂っていましたね~

――で、そんな中で始まった例のワークショップイベント!

ワークショップイベント

ワークショップに同席されていたイラストレーターのAkkoさん(2014年より九谷焼きのワークショップブランド「KUTANI SEAL」とコラボし、ガーリーなブランドライン「KUTANI SEAL AKKO」を発表)や、ショップの方々の熱心なレクチャーを「グダグダな質問」で中断させたり、「ムリムリな提案」で参加者の方に苦笑されたりと、さんざん悪行を重ねながら情報を集めていった結果――、

これ、お話をお聞きしておいて、よかった!と。
たしかに“大まかな流れ”は説明書のとおりだけど、ぼくなら気づかずにやってしまいそうな罠、た~くさん潜んでたわけですよ! 残念ながら、「愛」だけではお皿は完成しませんので、本キットの使い方を紹介していきますね!

【1】まずは手を洗おう

ONE PIECE

手の油分や塩分がシールにつくと「焼きシミ」が出ちゃうそうなのです。特にお菓子とか食べた手の脂はダメなんですって。だから、最初にちゃんと手を洗っておくことが重要。きれいにシールを貼ったつもりでも、焼きあがったお皿にムラができていたら、やっぱりへこみますし!

【2】全体的なデザインをイメージしてから、シールを「切りだす」

ワークショップ_シールを「切りだす」

イラストが描かれていない“黄色い部分”は、焼くと消えるそうなので、無理やりギリギリまで切らなくても、少し多めに残して問題ないそうです。

【3】切り出したシールをお皿に並べて、イメージを再確認

ワークショップ_シールをお皿に並べて、イメージを再確認

黄色い部分は重ねて貼っても大丈夫! だけど、イラスト部分を重ねて貼ると焼きがヘンになるので避けた方がよさそう。

【4】シールを水に浸す

ワークショップ_シールを水に浸す

水分はたっぷりと含ませた方がいいらしい。 水分が少ないと、シールがすぐにお皿に張り付いてしまって、配置の微調整が難しくなるみたい。無理に動かそうとすると、シールがちぎれてしまうことも!

【5】シールを貼る

ワークショップ_シールを貼る
ワークショップ_シールを貼る

お皿の上に置いたら、シールを指で軽く押さえ、ピンセットを使って台紙(シールの裏面の白い紙)を横から抜き取ります。このあと、キットに同梱されているヘラを使ってシールの隙間の空気やシワも入念にチェック。けっこう小さなシワや空気でも、焼き上がり時に影響が出るのでご注意を! あと、お皿の裏側にある高台(丸く輪になっている部分)の底のザラザラした面にはシールを貼らないでくださいね!とのこと。

【6】余分な水分をふき取り、ヘラとキッチンペーパーを使って空気とシワを取って配置完了~!

ワークショップ_余分な水分を拭き取る

ワークショップ_余分な水分を拭き取る

上絵付けをしたお皿を窯元に送ると、大体1ヶ月〜2ヶ月半ぐらいで焼き上がりが届くみたいです!

ワークショップ

ちなみに本キットの「クタニシール」に使われている絵具は、ガラス質の成分を多く含んでいることに加え、上絵付けの際に空気やシワを見つけやすい顔料がチョイスされているので、初心者にも安心なのだそう。

また、Akkoさんからコメントを頂きましたので、そちらもご紹介しますね。


本キットの「クタニシール」に使われている絵具は、上絵付けの際に空気やシワを見つけやすい顔料を選んで使っています。キャラクターのイラストに関しても、集英社の方にご協力いただき、原作の新世界編の中から、各キャラクターたちの魅力が最も強く感じられる表情やポーズを意識して選びました。


テーマを決めてお皿作りを楽しもう!

How to enjoy!

「JUMP SHOP」東京ドームシティ店の店長さんが渾身の笑みで言ってたんですけど(笑)。まあ結局そういうことかなって思います! 何かしらの「テーマ」を決めて、お皿作り自体を楽しむ――やっぱりここが一番重要ですよね!

ワークショップに参加されていた方も、お皿のデザインに悩んでいた人はけっこう多かったです。というのも、同梱されている「クタニシール」のイラストをすべて使おうとすると、やっぱりお皿の表裏がビッシリ絵柄で埋まってしまって、「いやぁ…どれも削れない…」みたいな! まあ、すっごいその気持ちわかりますけどね!!

そこを、あえてグッとこらえた方なんかは、けっこう個性的な作品になっていたんで、一部をこっそりご紹介します! こういう例もあるよってことで!

『ONE PIECE』×KUTANI SEAL KiT_サンプル
『ONE PIECE』×KUTANI SEAL KiT_サンプル_裏面

テーマは、尾田先生特有の“擬音”とのこと。使用した絵柄こそ少なかったですが、裏面なんかも強調したいイメージがわかり易くていいと思いました! 個人的には焼き上がりが楽しみな作品ですね。

そんなわけで、各店舗のこだわり作品もご紹介しますので、ご参考までに!

・「JUMP SHOP」東京ドームシティ店

「JUMP SHOP」東京ドームシティ店
「JUMP SHOP」東京ドームシティ店

【テーマ】JUMP SHOP
【コメント】JUMP SHOP感を出したかった為、サンジのタバコの煙からJUMP SHOPという文字を出しました。絵を合体できるとの事でしたので、ローの帽子を麦わら帽子に変更してみました。ローを切って、その上から麦わら帽子を貼って合体させました。

・「JUMP SHOP」横浜店

「JUMP SHOP」横浜店

【テーマ】男だらけの九谷焼皿!!
【コメント】尾田先生の擬音文字がとても良かったので、沢山入れさせていただきました!

・「JUMP SHOP」大阪梅田店

「JUMP SHOP」大阪梅田店
「JUMP SHOP」大阪梅田店

【テーマ】どこから見てもカッコイイお皿
【コメント】お皿として使用する時、どこが手前にきても柄が自分を向くように、円形にクタニシールを貼りました。今度はプレゼント用に作ってみます!

・「JUMP SHOP」ユニバーサル・シティウォーク大阪店

「JUMP SHOP」ユニバーサル・シティウォーク大阪店
「JUMP SHOP」ユニバーサル・シティウォーク大阪店

【テーマ】シンプル イズ ベスト
【コメント】各キャラの横に名前の頭文字だけつけており、全体的にごちゃごちゃさせずに作りました。

・「JUMP SHOP」福岡店

「JUMP SHOP」福岡店

【テーマ】ハデハデに!
【コメント】“賑やかに派手派手に”をモットーに作りました! チョッパー吹き出しの(ハート)も一押しです!!

・『麦わらストア』大阪店

『麦わらストア』大阪店

【テーマ】わかりやすく、お手本になるようなお皿!

・『麦わらストア』名古屋店

『麦わらストア』名古屋店

【テーマ】カッコよさを追求!

・『麦わらストア』福岡店

『麦わらストア』福岡店
『麦わらストア』福岡店

【テーマ】裏面に一味を可愛く!


ワークショップは4月30日(日)まで開催予定です。参加者には、もれなく焼き上がりの色彩をイメージできる「特製ステッカー」がもらえます! 興味のある方は、ご希望店舗へ直接お問い合わせ下さいね!

<ワークショップ開催の概要>
■参加費
6,240円(商品代金5,940円+送料300円)※税込価格

■参加方法
ご予約はお電話・店頭どちらでも受付中!

■ワークショップ参加特典
特製ステッカー 1枚

関連情報/外部リンクはこちら

©KUTANI SEAL AKKO ©尾田栄一郎/集英社