2017年7月21日(金)22時00分

祝!『ONE PIECE』20周年!「ONE PIECE連載20周年記念発表会」で新情報が続々!(コミックシンク版)

連載20周年のアニバーサリーイヤーを迎え、大きな盛り上がりを見せている『ONE PIECE』。7月7日(金)に“1冊丸ごと『ONE PIECE』!”な「ONE PIECE magazine Vol.1」が発売され、8月4日(金)には待望の最新コミックス86巻も発売を迎える本作。この夏以降には、さらなる関連イベントも目白押しです!
「ONE PIECE magazine Vol.1」試し読みはこちら!

そんな『ONE PIECE』の、新たなイベントやキャンペーン情報を公開する「ONE PIECE連載20周年記念発表会」が、7月21日(金)、東京ワンピースタワー内のシアターで「週刊少年ジャンプ編集部」の主催によって行われました!

「ONE PIECE連載20周年記念発表会」

ワンピース連載20周年を記念して製作されたスペシャルムービーの映像とともに幕を開けた今回の発表会。ステージに登場したのは、「週刊少年ジャンプ」の中野博之編集長と、お笑い芸人の横澤夏子さんでした!

今回の発表会の前日に、ご自身の結婚発表を行ったばかりの横澤さんは、ステージにウェディングドレス姿で登場! 中野編集長から、「『ONE PIECE』に登場するキャラクターのプリンみたいですね」と褒められた横澤さんですが、「『ONE PIECE』ファンの旦那に“私はどのキャラに似てる?”と聞いたんですが、“お前はすぐに結婚を迫ってくる求婚のローラだ”と言われたんです(笑)。喜んでいいんですかね?」と語り、会場を沸かせました。

「ONE PIECE連載20周年記念発表会」
『ONE PIECE』47巻より
(『ONE PIECE』47巻より)

発表を前に、中野編集長は「20年間マンガ界のトップを走り続けてきた『ONE PIECE』は、国内でのコミックスの販売部数が3億5000万冊になるなど、まさにN0.1コミックといえる存在になりました。これは、ずっと応援してくれた読者のおかげでもあります。20年の節目を皮切りに、すごい企画をいっぱい実施して、今まで支えてくれた読者の方に楽しんでほしいと思います」とコメント。

中野編集長

続けてこの夏以降に予定されている、さまざまな『ONE PIECE』記念企画やイベントの発表を行いました。以下では、ステージで公開された発表内容を一気に紹介します!

■日本記念日協会が制定! 毎年7月22日が「ONE PIECEの日」に!

最初に発表されたのは、日本記念日協会によって、20年前に『ONE PIECE』の連載が始まった7月22日が「ONE PIECEの日」として制定されたというビッグニュース! 登壇した日本記念日協会の代表理事・加瀬清志さんから中野編集長に登録証が手渡されると、会場は大きな拍手に包まれました!

毎年7月22日が「ONE PIECEの日」
毎年7月22日が「ONE PIECEの日」

登録証を受け取った中野編集長は「日本だけでなく世界中で人気の『ONE PIECE』が記念日になったことを嬉しく思います。記念日になったことが終わりではなく、ここを始まりの日にして、これからさまざまな企画を行っていきたいです」と語りました。

■東京ワンピースタワーで、4つの20周年アニバーサリーイベントが開催!

続いて発表されたのは、今回の発表会の会場でもある大型テーマパーク「東京ワンピースタワー」で7月22日(土)から始まる4つのスペシャルアニバーサリーイベントについて! 記念すべき最初の「ONE PIECEの日」の7月22日(土)からは、夏休みの東京タワーが『ONE PIECE』一色に染まります!

大型テーマパーク「東京ワンピースタワー」

ステージで語られたのは「TOKYO PIRATES FESTIVAL」と、7月22日(土)の夜に行われるライトダウンセレモニーのことが中心でしたが、他にも注目の催しがたくさん! 以下では盛りだくさんのイベントを紹介します!

東京ワンピースタワーの詳細・最新ニュースはこちら!

1:「TOKYO PIRATES FESTIVAL(トーキョーパイレーツフェスティバル)」

「TOKYO PIRATES FESTIVAL(トーキョーパイレーツフェスティバル)」

東京ワンピースタワーの「トンガリ島」で、7月22日(土)から9月3日(日)まで海賊たちの夏祭りが開催! 期間中はパーク内にさまざまな出店が並び、ルフィたち〝麦わらの一味〟をはじめとしたリアルキャストの海賊たちも登場します。

「TOKYO PIRATES FESTIVAL(トーキョーパイレーツフェスティバル)」

さらに、初日の7月22日(土)には初めての「ONE PIECEの日」を記念して、1日限りのスペシャルトークイベントや、東京タワーを誕生日ケーキのロウソクに見立ててライトを吹き消す、ライトダウンセレモニーも実施! 『ONE PIECE』ファンはぜひ参加しましょう! (協力:東京タワー)

2:『ONE PIECE GRAND CRUISE』先行体験プレイ、スタート!
『ONE PIECE』初のPlayStation®VR専用ソフトウェア、『ONE PIECE GRAND CRUISE』がバンダイナムコエンターテインメントから発売決定! 東京ワンピースタワーでは、7月22日(土)から始まる「ONE PIECE GRAND CRUISE TRIAL ZONE」に同タイトルを展示。最大8人同時プレイができる特別版を体験可能です!

『ONE PIECE GRAND CRUISE』先行体験プレイ、スタート!

©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

『ONE PIECE GRAND CRUISE』に関する詳細はこちら!

3:連載20周年記念特別企画展「ログギャラリー」Season2〝闘(バトル)〟開催!
東京ワンピースタワー内で行われている、連載20周年記念特別企画展「ログギャラリー」が、7月22日(土)から展示内容を一新! 〝闘(バトル)〟をテーマに、原作イラストやフィギュアなど数々のお宝が展示されます。

連載20周年記念特別企画展「ログギャラリー」Season2〝闘(バトル)〟

4:「360ログシアター ~The World of ONE PIECE~」新映像が公開!
東京ワンピースタワー内「トンガリ島」のシアターアトラクション「360ログシアター」の映像が7月22日(土)から刷新! 新映像のテーマは〝激闘編〟。〝麦わらの一味〟が大暴れしたバトルシーンの数々が、360度全方位から押し寄せる様子は必見です!

「360ログシアター ~The World of ONE PIECE~」

■発表その3:集英社が発行する28誌の表紙を〝麦わら帽子〟がジャック!

7月から9月の間に発売される集英社の雑誌の表紙に〝麦わら帽子〟が登場! 集英社をあげてのお祝いトリビュート企画として、ファッション誌の「Seventeen」や「non-no」、文芸誌の「小説すばる」、少女マンガ誌の「りぼん」など28誌の表紙に〝麦わら帽子〟が登場します! 店頭などで、各雑誌の表紙をチェックしてみましょう!

集英社が発行する28誌の表紙を〝麦わら帽子〟がジャック!

■発表その4:「ONE PIECE 20th×KYOTO 京都麦わら道中記~もうひとつのワノ国~」開催!

京都と『ONE PIECE』の大規模コラボイベント「ONE PIECE 20th×KYOTO 京都麦わら道中記~もうひとつのワノ国~」がこの秋、京都で開催決定です! イベントでは、気になる「ワノ国」の空気をいち早く体感できるものになるそう。どのような催しが予定されているかは、これから秋の開催に向けて順次発表される予定とのこと。ゲストの横澤さんも「じゃあ私の新婚旅行は、京都で「ワノ国」に行きたいです!」とコメントしていました!

「ONE PIECE 20th×KYOTO 京都麦わら道中記~もうひとつのワノ国~」

■発表その5:『ONE PIECE』ハリウッド版実写ドラマ化プロジェクト、スタート!!

ステージの最後に、連載20周年記念の超大型企画として発表されたのが『ONE PIECE』の海外実写ドラマ化でした! 超人気海外ドラマの『プリズン・ブレイク』などを手掛けたマーティ・アデルスタイン氏が率いる「TOMORROW STUDIOS」をパートナーとして制作が行われるこのドラマには、集英社と原作者の尾田栄一郎先生もプロデュースに参画。ステージ上では、尾田先生からの直筆メッセージと「TOMORROW STUDIOS」のマーティ・アデルスタイン氏からのメッセージも、中野編集長によって発表されました。今後の続報に期待しましょう!

『ONE PIECE』ハリウッド版実写ドラマ化プロジェクト
『ONE PIECE』ハリウッド版実写ドラマ化プロジェクト
『ONE PIECE』ハリウッド版実写ドラマ化プロジェクト

「ONE PIECEの日」制定に始まり、さまざまな『ONE PIECE』情報が明らかになった今回の発表会。中野編集長によれば、今回のステージで公開された発表に加えて、今後も多彩なキャンペーン企画が用意されているとのこと。最新の情報は、これから発売になる「週刊少年ジャンプ」や、今回の発表会に合わせてオープンした「ONE PIECE 連載20周年記念キャンペーンサイト」でチェックです!

「ONE PIECE連載20周年記念発表会」

関連情報/外部リンクはこちら

©尾田栄一郎/集英社