2017年7月27日(木)19時45分

窪田正孝さんら豪華ゲストが多数の喰種をおもてなし!?『東京喰種 トーキョーグール』の世界観を再現したイベント「美食家たちのための晩餐会」詳細レポート!

7月19日(水)にコミックス『東京喰種:re』最新12巻が発売、実写映画の公開も7月29日(土)に迫り、ますます盛り上がる『東京喰種 トーキョーグール』。7月20日(木)には、映画公開直前記念イベント「美食家たちのための晩餐会」が開催されました。タイトルを聞いて思い出すのは、原作で主人公のカネキが”美食家”月山習に連れて行かれた”仮面晩餐会(マスカレード)”。

東京喰種 トーキョーグール_4巻P148

↑仮面をつけた喰種(グール)の紳士淑女が、標的となった人間を食べる恐ろしい晩餐会なのです。

東京喰種 トーキョーグール_4巻P058

↑未知の味を追い求め、カネキやニシキと激しく争うことになる月山。

どんな招待客が集まるの!? そして出される料理は!? と不安でいっぱいでしたが、”『東京喰種』の夏”を追いかけるコミックシンク編集部としては、逃げ出すわけにはいきません! 恐る恐る取材に行ってまいりました…。

キャスト登壇後の模様

↑キャスト登壇後の模様については、記事後半で!

ドレスコードはマスク!200人の喰種が大集合!

会場は東京の天王洲アイル駅からほど近い寺田倉庫。ゴォンゴォンとおそろしげな音をたてる大きなエレベーターで誘われた先は、まさに喰種の世界! 赤い照明がコンクリートの壁を照らすミステリアスな雰囲気の中、マスクを着用した招待客たちが、様々な展示物やドリンクを楽しんでいました。

スクリーンに映し出された巨大なマスクとイベントタイトル

↑エレベーターから降りるとまず目に入るのが、スクリーンに映し出された巨大なマスクとイベントタイトル。

映画で使用されたカネキとトーカの衣装や、多数のオリジナルマスク
映画で使用されたカネキとトーカの衣装や、多数のオリジナルマスク

↑映画で使用されたカネキとトーカの衣装や、多数のオリジナルマスクが”喰種の集会ムード”を高めます。

ポスターも”喰種”仕様

↑あちこちに貼られたポスターも”喰種”仕様。う〜ん、芸が細かい!

ドリンクが並ぶバーカウンター
ドリンクが並ぶバーカウンター

↑本イベント限定のドリンクが並ぶバーカウンター。メニューは、作中で引用された文学作品をイメージした『ごんぎつね』『変身』『斜陽』『デミアン』の4種類。

ウォーターサーバー

↑あれ? ウォーターサーバーの中に何か浮いているようですが…。

ウォーターサーバー_目玉

↑なんと目玉! 嬉しそうに口に運ぶマスクの招待客たち…。

『東京喰種』Twitter画展
『東京喰種』Twitter画展

↑“『東京喰種』Twitter画展”で展示された、石田スイ先生描き下ろしのイラストも一挙に展示! 落ちついた雰囲気の鑑賞エリアでじっくり見ることができました。

今宵の招待客は、SNSで映画を盛り上げる”『東京喰種』マイスター” 200名…のはずですが、今回のドレスコードに合わせて全員マスクを着用しているので素顔は分かりません。原作の喰種の紳士淑女を思わせる集団が楽しそうに行き交う様は、微笑ましいけど、ちょっと恐ろしくもあります。人間とバレたら襲いかかってくるんじゃ? などと考えているうちに、ステージで何か始まる様子。まさか人間解体ショーではないと思いますが…?

『東京喰種』第4巻 P154

↑原作の晩餐会では、人間が生きたまま解体されてしまうのです!

コーヒールンバが盛り上げる「運命の仲間探しゲーム」! 賞品はあの”肉”!?

主題歌『BANKA』に合わせて、映画の名場面が紹介される特別映像が上映された後、ステージにマスクを着けた謎の2人組が登場。その正体は今回のMCを勤めるお笑い芸人”コーヒールンバ”の平岡さんと西原さん! 「喰種になったつもりで、喰種への愛を語りましょう!」という挨拶から始まり、その後2人の号令で、招待客全員参加の「運命の仲間探しゲーム」が開始!

コーヒールンバが盛り上げる「運命の仲間探しゲーム」
コーヒールンバが盛り上げる「運命の仲間探しゲーム」

招待客の皆さんは、受付でキャラクターカード(全15種類)を受け取っており、同じキャラのカードを持つ4人が集まると、特製の”喰種の食事”がプレゼントされるとのこと。抽選によって選ばれた招待客は、その多くが初対面のはずですが、そこは『東京喰種』を愛する者同士、積極的に声をかけあって仲間探しが行われます。コーヒールンバさんも「喰種は助け合い!」とあんていくのマスター・芳村を思わせるセリフでゲームを盛り上げます。

コーヒールンバが盛り上げる「運命の仲間探しゲーム」
コーヒールンバが盛り上げる「運命の仲間探しゲーム」

すばやく4人揃ったグループには、コーヒールンバさんから手渡しで食事をプレゼント。2番目のグループには台湾から駆けつけたマイスターもいて、『東京喰種』のワールドワイドな人気を感じさせます。ところで、袋に入った喰種の食事、なんか見覚えがありますが…?

芳村が仲間の喰種に配っていた食事

そうです! 芳村が仲間の喰種に配っていた食事です。ということは、中身は!?

芳村が仲間の喰種に配っていた食事

↑なんの肉なのか、考えるのはやめておきましょう…。

さて、続いてステージには3組目のグループが登場。ところがこの人たち、どこか雰囲気が違います。全身から漂うホンモノ感…まさか!?

キャスト登壇後の模様

窪田正孝さんら喰種俳優陣がサプライズ出演! 映画の撮影秘話も披露!

マスクを外した4人の正体は、窪田正孝さんをはじめとする映画『東京喰種 トーキョーグール』で喰種を演じた俳優陣。思わぬシークレットゲストの登場にギャラリーからは熱狂的な歓声が上がりました!

映画『東京喰種 トーキョーグール』で喰種を演じた俳優陣

↑左から四方蓮示(ヨモ)役の栁俊太郎さん、笛口雛実(ヒナミ)役の桜田ひよりさん、金木研(カネキ)役の窪田正孝さん、西尾錦(ニシキ)役の白石隼也さん。

場内の興奮も冷めやらぬ中、俳優陣によるトークセッションがスタート。窪田さんは、役作りについて「カネキは保守的な役柄でしたので、極力”自分を消す”という作業から始めました。周りがみんな個性的なキャラクターなので、皆さんに作って頂いた映画ですね」と謙虚に語りましたが、白石さんからは「本当に頼もしい座長でしたよ」と信頼感に満ちた証言が。窪田さんは「(お礼に)あとでお肉を」と返し、ギャラリーの笑いを誘いました。

映画『東京喰種 トーキョーグール』で喰種を演じた俳優陣

↑仮面、晩餐会といえば…ということで「月山習さんはどこにいらっしゃいますか?」と会場を見回し、原作ファンを沸かせた窪田さん。

第1巻 P082

↑窪田さん演じるカネキは読書が好きな平凡な大学生。ある事件をきっかけに”半喰種”になってしまい、あんていくに助けを求めます。

「かわいい!」の声援が絶えなかった桜田ひよりさんは、ヒナミの食事シーンについて「見た目のインパクトは凄いんですが、食べてみると美味しかったです、特に目玉が甘くて」と喰種らしい発言で、ギャラリーや登壇者を驚かせました。

桜田ひよりさんは、ヒナミの食事シーン

↑原作の大ファンである桜田さんは、ずっとヒナミ役をやりたいと思っていたそう。

人間を狩れない喰種の少女・ヒナミ

↑人間を狩れない喰種の少女・ヒナミ。分けてもらった肉を食べているところをカネキに目撃されてしまい…?

白石さんは、カネキの首をつかんで壁に打ちつけるというアクションシーンで、「危険を感じて打ちつける前に止めてしまいましたが、窪田さんからは”カットがかかっていないんだからやっていいよ”と言われました」「お互いすごく痛かったけど、それが演技にも出たんじゃないかな」と、2人のアクションにかける意気込みが感じられるエピソードを披露。

ニシキ

↑印象的なニシキの「馬のクソでも喰ってるような気分だよ」のセリフについて、「事前に牧場で喰ってきたので自然に出た」と冗談を飛ばして笑わせる白石さん。

カネキの大学の先輩だったニシキ

↑カネキの大学の先輩だったニシキ。親友・ヒデを守ろうとするカネキと激しいバトルに!

栁さんは「原作を見ても、本当にかっこいい」とヨモのキャラクターをべた褒め。「優しい男なんですよ」と何度も語り、コーヒールンバさんから「お友達を紹介されてるみたいです」とツッコまれる一幕も。

少々緊張気味だった栁さん

↑序盤は少々緊張気味だった栁さん。「本当にヨモが立っているみたい」と評された際は、「ヨモさんはこんなに声が震えないです(笑)」と慌てて否定していました。

カネキのお目付役となるヨモ

↑カネキのお目付役となるヨモ。寡黙ですが、自殺者の死体に手を合わせるシーンでは内面の優しさがうかがえます。栁さんが「出会えて本当に嬉しかった」と語る名場面!

窪田さんが”『東京喰種』ブレンド”コーヒーを淹れ、コーヒールンバと一緒に「お目が高い!」

トークセッションに続いては、元カフェの店長だったという平岡さんがステージ上で”『東京喰種』ブレンド”のコーヒーを作ります。仕上げを担当したのは、コーヒーを淹れるシーンのために猛練習したという窪田さん。慣れた手つきでお湯を注ぎ、見事にコーヒーを完成させました。振る舞われた俳優陣も口々に「香ばしい!」と大絶賛! 平岡さんおなじみのフレーズ「お目が高い!」も飛び出し、場内は大盛り上がり!

"『東京喰種』ブレンド"のコーヒー

↑「”の”の字を描くんですよね」と、練習の成果を披露しながら熱湯を注ぐ窪田さん。

"『東京喰種』ブレンド"のコーヒー

↑俳優陣が感想を述べるたびに「お目が高い!」もテンションアップ。窪田さんも加わって振り付きで披露してくれました!

"『東京喰種』ブレンド"のコーヒー

↑会場から選ばれた幸運なマイスターが、ステージで”『東京喰種』ブレンドコーヒー”を味わえることに。俳優陣に合わせた「香ばしい!」の感想に登壇者も爆笑!

はやくも続編への期待大! 白石「月山と戦わなくちゃいけない」窪田「次の作品の可能性を皆さんの手で広げてほしい」と語る!

ステージのラストは、俳優陣から皆さんへのご挨拶。栁さんは「原作ファンの皆さんにも、これから読まれる方にも、心に響く作品になっていますので、楽しみにしていてください」。桜田さんからは「2度、3度と観たくなる映画です。赫子(カグネ)の色や形とか、細かいところにも注目してほしい」とのメッセージが。そして白石さんは「個人的には”月山が見たいな”と思っています」と発言。ギャラリーから「見たーい!」の声が飛び交う中、「西尾錦としても、月山と戦わなくちゃいけない。本日の登壇者の姿を、また撮影現場で見たいと思っていますので、ご協力お願いします」と熱く語りました。さらに窪田さんからも「次の作品の可能性があるなら、ぜひ皆さんの手で(今回の映画の面白さを)多くの人に広げて頂きたい」と、続編への希望が語られ、会場からはひときわ大きな拍手と歓声が上がりました。

登壇者と招待客が全員揃ってのフォトセッション
登壇者と招待客が全員揃ってのフォトセッション

↑ステージ終了後は、登壇者と招待客が全員揃ってのフォトセッション。勢ぞろいした喰種たちがこちらを見つめる光景は圧巻!


貴重な展示物に限定メニュー、豪華シークレットゲストなど、盛りだくさんの内容で『東京喰種 トーキョーグール』の世界観が楽しめる、ファンにはたまらないイベントでした! 原作ではその後、さらに大きなスケールで物語が展開し、本イベントでも話題に上った”月山習”などの魅力的なキャラクターが続々と登場します。俳優陣も熱望する続編の実現に期待しつつ、まずは7月29日(土)公開の映画『東京喰種 トーキョーグール』で、新たな喰種ワールドの誕生を見とどけましょう!

文章/モルガンおむ雪

東京喰種トーキョーグール 1

“東京”には、或るひとつの「絶望」が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種」と呼ぶ。青年が怪人に邂逅したとき、数奇な運命が廻り始める──!
試し読みはこちら

関連情報/外部リンクはこちら

(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社