2017年8月8日(火)20時00分

石田スイ先生熱望のキャストが熱演!!映画『東京喰種 トーキョーグール』をより楽しむためのポイントガイド!

7月29日(土)より絶賛公開中の映画『東京喰種 トーキョーグール』! 封切り日に行われた豪華キャストによる舞台挨拶も大盛況。登壇キャスト全員のイラスト(原作者・石田スイ先生描き下ろし)がサプライズで披露され、会場はもちろん登壇者からも大きな歓声が上がりました。

『東京喰種 トーキョーグール』_舞台挨拶風景

↑各自のイラストを手に、興奮を隠せない登壇者の皆さん。

石田先生も全面協力体制!? 原作の魅力が高クオリティで実写化された映画『東京喰種 トーキョーグール』、原作ファンならずとも必見の一作です。

『東京喰種 トーキョーグール』_ポスター

話題沸騰中の『東京喰種 トーキョーグール』とは、人間を喰らう”喰種(グール)”が潜む東京を舞台に、”半喰種”になってしまった青年の数奇な運命が描かれる物語。

大迫力のバトルシーンをCMなどでご覧になって、「ちょっと怖そう」とか「ストーリーが難しそう」…なんて理由で敬遠している方もいらっしゃるのでは? 確かにバトルシーンはドキドキしますが、それはその大迫力ゆえ! またストーリーも、簡単なポイントさえ押さえられれば決して難しくはないのです。

なので今回は、映画をより楽しむためのポイントをあらためてご紹介!

“半喰種”になってしまったカネキの苦悩と成長が描かれる『東京喰種』!

TVアニメ、舞台、ゲームなど様々なメディアで展開される”喰種”ワールドの原点は、週刊ヤングジャンプで連載されたマンガ『東京喰種 トーキョーグール』。映画は原作序盤のストーリーがベースになっています。

★『東京喰種 トーキョーグール』の試し読みはこちら!★

舞台は東京。私たちの住む世界と違うのはただひとつ、「人間に交じって、水とコーヒー、そして人体しか摂取できない生物が暮らしている世界である」こと。
人間を食料として殺して食べることでのみ生きていける、人間にそっくりな種…それが“喰種(グール)”。

喰種の外見上の特徴は、捕食時や戦闘時に目が赤くなる赫眼(カクガン)と、武器になる捕食器官・赫子(カグネ)

↑喰種の外見上の特徴は、捕食時や戦闘時に目が赤くなる赫眼(カクガン)と、武器になる捕食器官・赫子(カグネ)。日常生活では隠しているため、人間と区別できません。

読書が好きなおとなしい性格の大学生・金木研(カネキ)は、喫茶店「あんていく」で知り合った喰種の女性・神代利世(リゼ)に襲われたことがきっかけで”半喰種“になってしまいます。

“喰種”と“人間”の狭間で居場所を探し求めます

↑リゼの内臓を移植されたことにより、隻眼の喰種に。“喰種”と“人間”の狭間で居場所を探し求めます。

窪田正孝さん演じる映画版のカネキ

↑窪田正孝さん演じる映画版のカネキ。原作者・石田スイ先生の強い要望により実現したキャスティング。窪田さんが表現するカネキの葛藤の様子は、必見!

カネキが半喰種になってしまった原因であるリゼは、もともと喰種旺盛な食欲で”大喰い”として知られていた喰種。カネキと共に事故に遭い、消息不明となりますが…。

リゼを演じるのは蒼井優さん

↑リゼを演じるのは蒼井優さん。落ち着いた美女から人食いの喰種へ――リゼが正体を現して豹変する様は、夢に見そうなほど衝撃的!

喰種安息の地・喫茶あんていく V.S. 喰種から人々を守る“喰種捜査官”の闘い

“半喰種”となり、今まで食べていたものを全く受け付けなくなってしまったカネキ。変わってしまった体、環境に戸惑いボロボロになりながら、頼るもののないカネキが辿りついたのは、喰種が営む喫茶店――「あんていく」でした。
喰種の集会所である「あんていく」に住み込みで働くことになったカネキは、様々な喰種と知り合い、彼らが抱える苦悩を徐々に理解していきます。

店長・芳村の言葉

↑店長・芳村の言葉が、”喰種”と”人間”の狭間で揺れるカネキの指標に。

●「あんていく」に集う喰種たち

霧嶋董香(トーカ)

↑喰種の少女・霧嶋董香(トーカ)は、かつて両親を殺した喰種捜査官たちに強い憎しみを持っています。”半喰種”のカネキには冷たく接しますが…。

清水富美加さん演じるトーカ

↑清水富美加さん演じるトーカ。バトルや特訓シーンでは激しいアクションも披露! そっけなさの中に隠したトーカの優しさが、観客にも伝わる名演でした。

店長・芳村

↑包容力のある店長・芳村。映画では村井國夫さんが演じます。コーヒーを淹れる手つきも見事!

笛口リョーコ・ヒナミ親子

↑人間を狩ることができず「あんていく」に肉をもらいにきている笛口リョーコ・ヒナミ親子

相田翔子さん

↑実生活でも母親である相田翔子さんが、子を想う母親役を熱演!

娘・ヒナミもあどけなく見えますが“喰種”

↑娘・ヒナミもあどけなく見えますが“喰種”。五感が鋭く、敵の存在を他の喰種より先に察知することも。

桜田ひよりさん。

↑同年代のヒナミ役に、等身大の演技で挑んだという桜田ひよりさん。

“喰種”も個体によって性質はさまざま。好戦的な喰種もいれば、人を積極的に殺すことを避ける喰種もいるのです。様々に事情を抱えた喰種たちと、しばし穏やかに過ごすカネキでしたが――そこに、“喰種捜査官”が現れます。

"白鳩(ハト)"

↑喰種の間では”白鳩(ハト)”と呼ばれ恐れられている捜査官たち。

鈴木伸之さん演じる亜門鋼太朗、前野朋哉さん演じる20区の捜査官・草場一平、大泉洋さん演じる真戸呉緒

↑左より、鈴木伸之さん演じる亜門鋼太朗、前野朋哉さん演じる20区の捜査官・草場一平、大泉洋さん演じる真戸呉緒。

喰種捜査官とは、政府が設立した組織・CCGに属する、喰種駆逐のスペシャリスト
喰種に対抗できる唯一の武器で、人間を喰らう喰種から人々を守り、各地の治安維持につとめる捜査官のことです。

彼らに存在をかぎつけられてしまったリョーコたち親子

↑捜査官に殺された夫の墓に、形見を埋めに行ったことで、彼らに存在をかぎつけられてしまったリョーコたち親子。駆逐対象として目をつけられてしまった、二人の運命は…!?

コミックシンク的映画『東京喰種 トーキョーグール』見どころご紹介!

1.カネキ&トーカ V.S. CCGの大迫力バトル!!

ヒナミを救うため、捜査官・真戸と対戦するトーカ。一方、カネキは足止めのためにもう一人の捜査官・亜門に戦いをしかけます。それぞれの正義がぶつかり合うバトルは、映画でも鬼気迫る迫力で再現されます!

真戸と対戦するトーカ
カネキは足止めのためにもう一人の捜査官・亜門に戦いをしかけます

2.「喰種専用マスク」のクオリティがすごい!!

喰種捜査官との戦いに際して、普段人間世界で正体を隠して暮らす喰種は、素顔を知られないようにマスクを装着します。この“マスク”も、映画では高レベルに再現!! 世界的デザイナーで原作のファンでもある、森川マサノリさんがマスクのデザインを担当されました。すごいクオリティだー!!

喰種専用マスク
喰種専用マスク_映画

――ぶつかり合う“人間”と“喰種”、それぞれの正義、戦いの行方は…!? コミックスで、映画の大画面で、ぜひお楽しみください!

この後の展開も見逃せないっ!『東京喰種』のその先は…!?

映画で描かれたパート以降も、物語はさらなる激しい展開を見せていきます。その見どころとは…!?

1.カネキが白くなる!? カッコイイ! 強い!

トーカのピンチに現れたカネキ
トーカのピンチに現れたカネキ

↑トーカのピンチに現れたカネキ。あるショックにより髪が白くなるも、瞳から迷いは消え…

2.喰種同士も対立!? ヤバイ奴らが続々登場

霧嶋アヤト

↑あんていくのある“11区”に出現した謎の喰種集団「アオギリの樹」。幹部の1人で、トーカの弟である霧嶋アヤトが「あんていく」を襲撃!

"ジェイソン"の呼び名で恐れられるヤモリ

↑「アオギリの樹」のメンバーは曲者ぞろい。中でも”ジェイソン”の呼び名で恐れられるヤモリは、苛烈な拷問でカネキの肉体と精神を痛めつけます。

3.CCGも本格参戦! クールな天才&破天荒な新人捜査官

有馬貴将

↑”CCGの死神”と呼ばれる特等捜査官の有馬貴将。SSS級駆逐対象と互角に立ち合える圧倒的な戦闘力で、カネキの前に立ちはだかります。

鈴屋什造

↑特例でCCGに入局した少年捜査官・鈴屋什造。その複雑な生い立ち故か、他人を思いやる感情や痛覚を持たず、危険を顧みない行動をとることもしばしば。一方高い身体能力で、困難な戦局を打開します。

そして「伝説の喰種」、“隻眼の梟”も登場し――!? 『東京喰種』ワールドの加速は止まりません!

隻眼の梟

↑「アオギリの樹」とCCGの戦いの最中、かつて圧倒的な火力でCCGを壊滅寸前に追いこんだ”隻眼の梟”が10年ぶりに出現!?

“喰種”の物語は終わらない! 現在も絶賛連載中の新章を見逃すな!!

そしてそして…現在も週刊ヤングジャンプでは、新章『東京喰種:re』が好評連載中!
舞台となるのは、『東京喰種』から2年後の世界。魅力的な新キャラクターたちも登場して、さらに複雑に絡まるそれぞれの運命の行方は一体――!?

1.カネキに似ている若き喰種捜査官が登場!その名は「ハイセ」!?

ハイセ

2.さらに激化するバトル!

さらに激化するバトル!

3.苦境の中で生まれる“互いを思いやる心”――恋愛要素も!

恋愛要素

『東京喰種 トーキョーグール』全14巻に加えて、連載中の『東京喰種 トーキョーグール:re』は、現在コミックスが12巻まで好評発売中!
激しいバトル、深まる関係性、深淵を覗く心理描写――ぜひ皆さんも、映画館やコミックスで『東京喰種』の魅力を味わってみてくださいね!

★『東京喰種 トーキョーグール』の試し読みはこちら!★
★『東京喰種 トーキョーグール:re』1巻の試し読みはこちら!★

文章/モルガンおむ雪

関連情報/外部リンクはこちら

(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社