2017年8月23日(水)18時00分

キャプ翼が舞台に! ファンタジスタたちがくり広げる夢舞台!超体感ステージ『キャプテン翼』公開ゲネプロレポート

国民的サッカー漫画『キャプテン翼』がついに舞台化!
8月18日(金)に超体感ステージ『キャプテン翼』が、東京・Zeppブルーシアター六本木にて初公演を迎えましたが、原作の登場人物やあの必殺技が舞台でどのように再現されるのか、とっても気になるところ。
そこで同日の公開ゲネプロ(最終リハーサル)に行ってきましたので、その体験レポートをお届けします。

超体感ステージ『キャプテン翼』

キャスト&スタッフに一流のファンタジスタが集う!

舞台の総合演出は、世界を股にかけて活躍するダンスパフォーマーのEBIKENこと蛯名健一さん。かつてアメリカのオーディション番組で、仰向けに寝た状態から身体を動かさずに起き上がるパフォーマンスで話題になった人です。

キャストもただのイケメンじゃありません。主役の大空翼を演じる元木聖也さんは、日本で数少ない空中技「ダブルコークスクリュー」の使い手。他のキャストもすごい身体能力を持つ、一流の演者さんたちなんです。
さらにキャストの半数近くがサッカー経験者ということもあり、ボールを使ったパフォーマンスはもちろん、プレイ中の挙動のひとつひとつに迫力があって、舞台としてのクオリティの高さに繋がっていました。

華麗な跳躍と打点の高さ
華麗な跳躍と打点の高さ
華麗な跳躍と打点の高さ

↑見よ、この華麗な跳躍と打点の高さ!

大迫力のダンスバトル

↑1vs1のドリブル勝負のシーンでは、大迫力のダンスバトルを展開!

「プレミアム体感シート」で舞台と客席がシンクロ!

今回の舞台は「超体感ステージ」のキャッチコピーどおり、特注のベストを装着して舞台演出をリアルに体感できる「プレミアム体感シート」が設けられています。

「プレミアム体感シート」で舞台と客席がシンクロ

↑「プレミアム体感シート」のお客さんは、こんな感じのベストと装置を装着!

舞台上の演出にあわせて、足から胸まで、様々な部位の「触覚信号装置」が振動し、シュートの感触や、登場人物の心臓の鼓動などが、観客にリアルに伝わってきます。演者さんの動き、映像・音響・照明などの舞台効果が客席とシンクロし、臨場感のあるシーンを演出してくれるわけです。これはすごい!

フィールドの「緊張」や「興奮」

↑キックオフの笛が鳴ったときの高揚感。そして太陽のきらめき。音響効果と特注ベストの振動で、フィールドの「緊張」や「興奮」が客席にも伝わってきました。

ド迫力のシーンを最高の角度で表現

↑演者の動きと映像が融合し、ド迫力のシーンを最高の角度で表現。客席にいながら、ゴールキーパーの若林源三がシュートに触れる衝撃を腕に感じることができました!

高橋先生監修のオリジナルストーリー

「Jr.ユース大会」直後を描いた高橋陽一先生監修の完全オリジナルストーリーは、原作ファンの期待を裏切らない、見ごたえのある内容。むしろ原作ファンにこそ観てほしい『キャプ翼』の魅力が凝縮された不動のストーリーラインです!

『キャプ翼』の舞台化はとても難しいイメージがあったのですけど、舞台で役者さんたちが演じる生のキャラクターは、存在感と躍動感にあふれていて、すごく共感できました。

飛行機で移動する何気ないシーン

↑飛行機で移動する何気ないシーン。各キャラクターの寝相にしても、当たり障りのない会話にしても、個性がしっかりしていて一気に引き込まれちゃいます。

練習風景を表現したダンスパフォーマンス

↑練習風景を表現したダンスパフォーマンスも、『キャプ翼』らしさが出てました。目まぐるしいほどのアクションが、原作の持つスピード感を保ってました。

全日本チームの対戦相手となる「RED STORM」
全日本チームの対戦相手となる「RED STORM」

↑全日本チームの対戦相手となる「RED STORM」は、世界中のU20のトップ選手が集まった世界選抜。舞台オリジナルキャラに加えて、エル・シド・ピエール、カルロス・サンターナ、デューター・ミューラー、カール・ハインツ・シュナイダーといったお馴染みのライバルたちが参加する超ドリームチームです。

ファンなら誰もが気になる“あの必殺シュート”はどう再現される!?

やはり『キャプ翼』の必殺シュートを舞台でどうやって再現するんだろう――というのが、ファンの方には一番気になるところですよね。詳しくはネタバレになるのでお見せできませんが、おそらく観れば納得してもらえるはず! 子供の頃に漫画やアニメに影響されて、多くの方がプールや布団の上などで「キャプ翼ごっこ」をやっていたと思いますが、この超体感ステージは、一流の演者たちが一体となって生み出した、究極の「キャプ翼ごっこ」かもしれません。

必殺シュート
必殺シュート
必殺シュート
必殺シュート

原作ファンはもちろん、原作をまったく知らない人でもきっと大興奮だと思うので、ぜひ、会場に足を運んでみてください!

文章/うめ

試し読みはこちら

キャプテン翼
キャプテン翼 ワールドユース編
キャプテン翼 ROAD TO 2002
キャプテン翼 GOLDEN-23
キャプテン翼 ライジングサン

関連情報/外部リンクはこちら

(C)高橋陽一/集英社 (C)超体感ステージ「キャプテン翼」製作委員会