2017年8月23日(水)20時00分

250万乙女が夢中になった!『ときめきトゥナイト』の知られざる世界がここに…電子版でも読める『ときめき』ワールド♪

1982年からおよそ12年間に及ぶ長期連載を果たし、その後もスピンオフなどが発表され続ける大人気作と言えば…250万乙女が恋をした『ときめきトゥナイト』!

ぶっきらぼうだけどハートの優しい真壁くんに、蘭世と読者の乙女たちは恋をしていました。当時の乙女たちは今お母さん世代になりましたが、ときめきは不朽! 電子書店でのレビューも「娘に読ませるためにもう1回買った」というのが多いんですよ。

ときめきトゥナイト電子版

↑電子版では、通常版に加えて、カラー版も発売! 永遠の名作が華やかに色づきます♪

そんな『ときめき』ワールド、今なお広がり続けていること…皆さんご存知でしたか?

ゾクゾク刊行中! スピンオフで続く、あの頃の『ときめき』♡

発売中の『ときめきトゥナイト 真壁俊の事情』ではなんと、かつて乙女たちが知りたすぎてベッドの上でうごうごした(であろう)、“真壁くんの気持ち”が知れちゃうんです!

本作では「真壁くんサイド」から物語をプレイバック。本編で描かれなかった裏側があばかれちゃいます!

真壁くんサイド

↑真壁くんは、蘭世が気付くよりも先に、蘭世を知っていた…!?

夢魔のサリも思わずツッコミ

↑夢魔のサリも思わずツッコミを入れるほど、実はわかりやすかった!?

胸鳴らしてた
胸鳴らしてた

↑エッ!? 真壁くん、この時胸鳴らしてたの?!!

……このように…あまりにも完璧なポーカーフェイスで乙女たちをこれでもかとヤキモキさせてきた真壁くんの、“あの時のほんとの気持ち”が知れちゃいます!!

本作ではなんと…「真壁くんが、いつから蘭世を好きだったか?」も明らかに!

蘭世パパ&ママの反応

↑蘭世パパ&ママの反応で、ふたりの恋のゆくえはご推察ください…。

ちなみに! そんなチャーミングなパパ&ママのなれそめ(!)を描いた番外編、『ときめきトゥナイト 江藤望里の駆け落ち』もすでに発売中♪

バンパイア族のパパ・モーリと、狼族のママ・シーラ。敵対するふたつの種族間の結婚は、ご法度とされていましたが…。

バンパイア族のパパ・モーリと、狼族のママ・シーラ

↑昔から心優しかったモーリ。ひょんなことから、シーラのピンチを助けて…

シーラを助けたモーリ

↑その後ふたたびシーラを助けたモーリ。彼女の結婚を祝おうとするけど…?

ドラマチックな二人の恋のゆくえとともに、蘭世たちのエピソードももちろん収録♪

けんかしちゃった蘭世&真壁くん

↑けんかしちゃった蘭世&真壁くん。その理由は…神谷さん??

『ときめき』ワールドにもっともっと浸れる2冊、ファン必携です。

さらなる『ときめき』は「Cookieクッキー」で♪ &誕生までの舞台裏に迫る!『ときめきまんが道』って…?

もちろん、『ときめき』ワールド、この2冊では終わりません。
先日も、雑誌「クッキー」3月号に、続くスピンオフが登場♪

タイトルは『ときめきトゥナイト -神谷曜子の爛々-』…ん!? 主役は神谷さんなのっ!?

ときめきトゥナイト -神谷曜子の爛々-

ドタバタの予感しかしないけど…大丈夫、ときめきもばっちりでした♡
高校生の神谷さんや蘭世たちを描く本作、コミックス化はまだですが、デジタルならまだ購入できますよ♪(詳しくはコチラ!

また、「クッキー」では現在、作者・池野恋先生のエッセイ漫画『ときめきまんが道』も連載中!
これは、『ときめきトゥナイト』が生まれる前の物語。先生こと“恋ちゃま”が、ひとりの漫画好きの少女だった時代から、いかに少女漫画家の星となったのかが赤裸々に語られる…今だから読める裏側のドキュメンタリーです。

ときめきまんが道

↑当時の「少女漫画家」というお仕事についても知れちゃうドキドキのエッセイ、あわせてお楽しみください。

+++

――時が過ぎておとなになっても、少女時代のときめきは永遠に心に灯り続けるものです。
夏は恋のシーズン! 初恋の彼に、今ふたたび会いに行ってみてください。

キザ
き、キザ~~~!!(きゅん)

文章/かわうそ

関連情報/外部リンクはこちら

(C)池野恋/集英社