2017年8月25日(金)18時00分

<描き下ろしイラスト特別公開!!>車、ギター、結婚…が奇跡のマリアージュ!?『マリーマリーマリー』完結記念・勝田文先生インタビュー♪あまねく女性漫画読みを魅了する勝田文ワールドへようこそ!

『マリーマリーマリー』
『マリーマリーマリー』
行くーーーーーーーーーー!!

…のっけから失礼いたしました。勝田文(かつたぶん)先生の『マリーマリーマリー』完結6巻8/25発売にあたり、1から読み返していたらあまりのときめきに乱心を…。

マリーマリーマリー 6

花の名前を持つ4姉妹がいる花ノ木家に往診したリタ。その後森田の友人のケンさんと食事にいくと隠れた事実があきらかになったり…。いろんなことがあったけどリタに大きな変化が! 最後までキュートで奇妙なケッコン・コメディ!!
試し読みはこちら

『マリーマリーマリー』は、“ミニ”というキュートな車を乗り回す鍼灸師・リタと、流浪(!?)のギタリスト・森田さんが出会い、即プロポーズ、即結婚するところから始まる、最高にハッピー&キュートな「結婚コメディ」。

『マリーマリーマリー』

型どおりとはすこし違うふたりの結婚生活に、結婚っていいかも?とときめけるラブストーリーです♡

漫画ファン憧れ♡の勝田文先生に直撃インタビュー!

そんな『マリーマリーマリー』がハッピーな完結を迎えたばかりの今、勝田文先生に、な・な・なんと! 制作の裏話や、これからに向けてのお気持ちを聞いてきちゃいました♪

――さっそくですが先生、『マリーマリーマリー』という物語が生まれたきっかけを教えてください。

勝田文先生(以下「勝田」):最初の着想は……車は絵になるから、とか、そういうのだった気がします。描くのむずかしいのですが。そこから「車に乗ったヒロインが、車に乗ってできる仕事」…と考えていった気がします。

<特別描き下ろしイラスト1>季節の花を引き連れてミニで走るリタ

<特別描き下ろしイラスト1>季節の花を引き連れてミニで走るリタがキュート♡

鍼灸師・リタ
鍼灸師・リタ

↑ご要望があれば出張もおまかせあれ♪の鍼灸師・リタ。愛車の“ミニ”でどこへでも向かいます。

勝田:織田作之助の『夫婦善哉』が好きだったので、漠然と「夫婦もの描けたらいいな」というのもあったと思います。あと、当時の担当さんが、鍼灸院に通っていて、ブルース好きというのもありました。私も音楽はだいすきなので。

ふたりで夫婦善哉を食べるワンシーン

↑ふたりで夫婦善哉を食べるワンシーン。「ひとりよりめおとのほうが~」…って、心から言えるシアワセ。

ギターを鳴らす森田さん

↑リタのつとめる鍼灸院で、お客さんのリクエストに応えてギターを鳴らす森田さん。ところでギタリストの指ってセクシーですよね。

――たしかに、作品のヒーローである森田さんがギタリストであったりと、作品には“音楽”が題材やモチーフとしてたくさん登場しますね。

真っ赤なギターと森田さん

<特別描き下ろしイラスト2>真っ赤なギターと森田さん、クールな2ショット!

勝田:私は、だいたい描くことがなんにも思いつかないので、よく歳時記か、音楽からネタをもらってます。季節ネタか、音楽ネタが出てきたら、こまってるんだなと思ってください。
つまり、だいたいこまってます! でも、なんとかやってきたので、安心してください!

――だ、だいたいこまってる…とは見えませんでした、だいじょうぶですっ!(笑)
ちなみに、作品を描きながら、テーマソングになっていた曲…といったものもあるんでしょうか。

勝田:作中に具体的に曲名が出てくる時は、それを聴きながらその原稿を描いていたりもします。でもだいたい作業の終盤になると飽きてきて全く関係ない音楽やラジオ聴いたりもしちゃいます。

――発売されたばかりの最終巻では、ちなみに…

勝田:最終巻ですと、「Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree」(Dawn)や「Cry Baby」(Janis Joplin)とかですね。

――いずれも、TVのBGMとしても今なおしばしば耳にする名曲ですね! 他にも、創作のヒントになった曲というと・・・

勝田:

  • 「Lovely Rita」The Beatles
  • 「Marry」MONSTER大陸
  • 「Voodoo chile」Stevie Ray Vaughan(カバー)
  • 「Foxy Lady」Jimi Hendrix
  • 「Cross Road Blues」「Sweet Home Chicago」Robert Johnson
  • 「Light My Fire」The Doors
  • 「Don’t Keep Me Wonderin’」The Allman Brothers Band
  • 「Shake For Me」Howlin’ Wolf
  • 「Dust My Broom」Elmore James
  • 「Whole Lotta Love」Led Zeppelin
  • 「The Kids Are Alright」The Who
  • 「Stand By Me」Ben E. King
  • 「The Dock of the Bay」Otis Redding
  • 「Get lucky」Daft Punk
  • 「I Just Want To Make Love To You」Muddy Waters
  • 「Everyday I Have The Blues」「Sweet Sixteen」B.B.King

などなどなど……。

――新旧の名曲がずらり! 洋楽が多いんですね。ビートルズの「ラブリーリタ」は、物語の中でキュートなイラストと共に登場したのが印象的でした。

「ラブリーリタ」

↑「ラブリーリタ」は、駐禁をとる警察官に恋しちゃう男の人の歌。文字がなくても歌詞が伝わるポップな挿絵♡

勝田:作業中は、気持ちを盛り上げるためにほぼ音楽を聴いているので、これだけ聴いてたらちょっとは詳しくなるかなと思うのですが、これがぜんぜんならないんですよ(泣)。たぶん余所事(って仕事ですが)しながら聴いてるから、ほんとにリタレベルにギターの音とベースの音すらわかってない気もします…そこまでひどくはないと思ってますが…だれも教えてくれる人がいないのでわかりません…。まあ、「聴いてて気持ちよければいいかな」と開き直ってますが、曲聴いた感想が、だいたい「かっこい~~」しか出てこないので、作家としてどうなんだ…とは思いますね。楽器もぜんぜん弾けないので、せめて絵に描こうと思うのですが、これが車以上に難しくてたいへんでした。でも楽器も本当に絵になるので、もっと上手に描けたらいいなあと思います。

演奏シーン

↑作中には、演奏シーンも多数登場。うしろのベースのオジサンの表情までもが絶妙です。

名作「あしながおじさん」のコミカライズや短編集で、もっと勝田文ワールドに!

車、鍼、音楽…さまざまな題材をおいしく料理してしまう勝田先生。過去にはJ・ウェブスター氏の名作「あしながおじさん」をコミカライズしたことも!

“勝田流” の「あしながおじさん」が、『Daddy Long Legs』

↑物語の舞台を“和風”にアレンジ。気取らないのにロマンチックな“勝田流” の「あしながおじさん」が、『Daddy Long Legs』です。

――…「名作文学作品」を原作にされるのって、いかがですか?

勝田:過去作の『Daddy Long Legs』は、今も好きといってくれる方が多くてうれしいです。原作ものやるのは、たのしいですね~~~!! おそらく、自分がおもしろいと思ったものを、幸運にも描かせていただいているおかげだと思いますが、苦労は資料集めくらいです。

「あしながおじさん」に宛てた手紙
「あしながおじさん」に宛てた手紙

↑主人公が「あしながおじさん」に宛てた手紙も日本語版に。この文章がまた、うまく“勝田調”になってるんです!(『Daddy~』より)

後見人への手紙を心のよすがにする少女の、純粋な想いと言葉
後見人への手紙を心のよすがにする少女の、純粋な想いと言葉

↑後見人への手紙を心のよすがにする少女の、純粋な想いと言葉。…ロマンチックがすごい!!(『Daddy~』より)

勝田:『Daddy~』以外の原作ものはすべて、編集さんにすすめていただいたものなのですが、本当にこんなおもしろい作品を描かせてもらってありがとうございます~って感じです。『クリスマスキャロル』(短編集「小僧の寿し」収録)なんか、つらい時いつも思い出しちゃいますよ。これのおかげで、人の道をはずれず生きていける気がしております…。

――人の道!? いえいえ、先生はまっとうですよ! 先生公式のTwitter(@ktstbn)アカウントでも、そのあったかなお人柄がわかります!

勝田:twitterは、最初、前の担当さんがつくってくれたものなのですが、今ではすっかり私の遊び場ですね~。たまに、徹夜になってしまったときなど、ついついどうでもいいつぶやきを漏らしてしまうのですが、そうするとどんどんフォロワーが減っていくんですよ! ははは! で、ちょっと黙るとなぜか回復していきます。なんですかね、つぶやかない方がいいんですかね。ってすみません、フォロワー増えるようなつぶやきできるようがんばります!! ほんと、今、フォローしてくれてるみなさんがやさしくて、ありがとうございます!!

<特別描き下ろしイラスト3>日々に寄り添うTwitter

<特別描き下ろしイラスト3>日々に寄り添うTwitter♡ 先生のアカウントも要チェック!

――Twitterでは、お知らせだけでなく、しばしばイラストもUPされていらっしゃいますよね。季節にあわせた食べものの絵だったり、ふとした日常の風景だったり…ああした絵は、どんなときに描きたくなるものなのでしょうか?

勝田:せっかく漫画家のTwitterなので、絵をUPできたらと思い、毎日描こうと試みたこともあったのですが、すぐ疲れちゃってね…ごめんなさい!
まあ、それで、さみしくてかまってもらいたい時とか、原稿中の現実逃避とか、ともだちの子どもが可愛かった時とか、フォロワー増えてほしいな~リツイートしてほしいな~、と思った時に、絵を描いてます!! できるだけ、がんばります!!

――これまで集英社に描いていただいた作品で、仮に「一番読者に読んでほしいもの」を選ぶとしたらどの作品になりますでしょうか。

勝田:「一番読者に読んでほしいもの」……これは、“next one”と答えておくべきですかね!!
…はい、すみません、ほんとは「小僧の寿し」です。短編が好きなんです。読みやすいので。一応、食べ物にまつわる4本の短編が収録されているのですが、わりと簡潔に、絵は丁寧に描けて、よかった気がします。

短編集「小僧の寿し」

↑短編集「小僧の寿し」より表題作。婚約者に去られ、結婚資金をおスシ代にしていた亜紀のやわらかな再生を描く。(『小僧の寿し』より

勝田:これは、収録作品のどのとびら絵も気に入っています。単行本だと、一色になってしまっているので、どこかのお金持ちの方、カラー付きで出版しなおしてくれませんか、お願いしますー!!
ココハナ10月号掲載の読切もカラーとびらなので、ぜひ見てほしいです。

『怪獣のぬいぐるみ』

8/28(月)発売のココハナ10月号に、読切『怪獣のぬいぐるみ』で早速登場!

勝田:…でもほんとに、次、がんばりたいです!

――気合十分!の次回作、楽しみにしておりますっ! ありがとうございました!

…ちなみに、『マリーマリーマリー』完結を記念して、缶バッジセットプレゼントキャンペーンも実施中♪

リタ&森田さん&ミニがキュートな、色違いの缶バッジ♪

↑リタ&森田さん&ミニがキュートな、色違いの缶バッジ♪

ココハナ10月号を読んで感想おハガキを送るか、ココハナの公式Twitterアカウント(@Cocohana_manga)をフォローして、#マリーマリーマリー完結巻発売 とタグをつけてつぶやいてくれた方の中から抽選でプレゼントされる模様です! マリーマリーマリーファンは要チェック!(Twitterプレゼント応募期間は8月25日~9月1日)

キュートな結婚生活って、どうやったら送れるの?

『マリーマリーマリー』の成分がちょっとわかってきたところで、あらためて “キュートな結婚”…ってつまりどうしたらできるのさ!? とハテナのあなた。ほんと、どうやったらできるんでしょうかね!!

やっぱり、リタみたいに、すてきな旦那さんを見つけることが一番近道?
ちなみに森田さんは、「悪い男」と言えば「3B」、美容師とバーテンダーとバンドマン…なんて言われるそのバンドマンですが……大丈夫っ!! 森田さんは奔放ながら、優しくて一途で、生活力のあるギタリストですから!

かいがいしくリタのお世話

↑かいがいしくリタのお世話をするヒモ…ならぬ森田さん。(ちゃ、ちゃんと仕事もしてますよっ!)

…「生活力」というか…“生きる”力。それは、「どこでも、この人がいっしょなら大丈夫かも?」と思わせる動じなさ、余裕から感じられるもの。

自分の体、心にしたがって生きている
自分の体、心にしたがって生きている
自分の体、心にしたがって生きている

↑自分の体、心にしたがって生きているから、いつだって健やか。

過去にTV番組で歯ギター+背中弾き+ギター着火とロックなパフォーマンス満漢全席をしでかした破天荒さと度胸がある一方で…

ロックなパフォーマンス満漢全席

奥さんの実家ご挨拶には頭をピッチリなでつけて行くしたたかさも。

実家ご挨拶には頭をピッチリ

ちょっぴり無頼漢、でも無神経じゃない。自由だけど、周りのこともきちーんと見えてる。

ちょっぴり無頼漢、でも無神経じゃない

うそのない言葉で励ましてくれる
うそのない言葉で励ましてくれる
うそのない言葉で励ましてくれる

隣にいて、自分を見ていてくれて、心が迷う時は、うそのない言葉で励ましてくれる。
そんな旦那さんがいてくれたなら、コメディみたいに笑顔のたえない、キュートな結婚生活も夢じゃない…かも!

あ、ちなみにもちろん、いつまでもときめきも忘れずに…♡

1.心交わしたあと、結婚初夜に訪れた旅館で、メガネを外しながらのひとこと。

メガネを外しながら

2.“ふたりきりの結婚式”で、誓いのキスをおねだりする奥さんにこの表情

誓いのキス

うん、キュートすぎる。
……
私の森田さん、どこ!!

文章/かわうそ

関連情報/外部リンクはこちら

(C)勝田文/集英社