2017年9月27日(水)21時37分

広瀬すずが「消しゴム…」の神解答! 劇場映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」完成披露試写会レポート

ピンクカーペットを彩る豪華キャストのトークショー

2017年9月26日(火)東京国際フォーラムにて、劇場映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」完成披露試写会が実施されました。原作となる「先生!」は、1996年から別冊マーガレットで連載され、累計570万部を突破した河原和音先生の大ヒットコミック。本日のイベントでは、生田斗真さん、広瀬すずさん、竜星涼さん、森川葵さん、健太郎さん、中村倫也さん、比嘉愛未さん、監督の三木考浩さんが次々とピンクカーペットをウォーキングして登壇。少しはにかみながら歩みを進める皆さんに、会場に集まったファンから「かわいい」「かっこいい」という声が飛び交いました。

三木監督・健太郎さん・森川葵さん・広瀬すずさん・竜星涼さん・中村倫也さん・比嘉愛未さん

左から三木監督・健太郎さん・森川葵さん・広瀬すずさん・竜星涼さん・中村倫也さん・比嘉愛未さん

劇場映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」完成披露試写会

広瀬すず史上最高にかわいい/伊藤先生がカッコいい

まずは、「17歳ではじめて好きになった相手が先生だった」という純粋な少女・島田響(しまだひびき)を演じた広瀬すずさんと、響が恋をする口下手な世界史教師・伊藤貢作(いとうこうさく)を演じた生田斗真さんのお2人からトークセッションがスタート。

劇場映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」完成披露試写会_広瀬すずさん

生田:広瀬すず史上、最高にかわいい映画ができたとおもっています。この記録は数年更新されることはないでしょう。…世の男子諸君!覚悟して見に来るように!

広瀬:伊藤先生がカッコいいです。伊藤先生がいてくださったから、響をまっすぐに演じることができたなと思っています。(今まで)恋心(がある関係性の演技)もあったんですが…こんなにズキュンとくるラブストーリーを演じるのははじめてなので…どうしようと思っていたですけど。三木監督と生田さんの信頼関係がすごくて、楽しく導いていただきました。

と、まるで原作さながらの師弟関係が。しかし、お2人の出会いは少々意外だったそうです。

生田:初めて会った時はお互い別の作品を撮っていたんですよね(笑)。僕は金髪の潜入捜査官、すずちゃんがチアリーディングをしている最中にメイク室でばったり。しかも僕、もっこもこのルームウェアを羽織ってたんですよね。金髪オールバックでもこもこしながら“はじめまして”って。どう思いました?
広瀬:…ハイカラな感じだなーと…(そのころ「先生!」で共演することは決まっていたので)“これから伊藤先生が、どんな風に変わっていくのかな?”思っていたんですが…その次に拝見したのは舞台で、(生田さんは)バンパイアだったんで……よく解らなくなりました(笑)。

広瀬・竜星・森川さんの生徒チーム+健太郎さんは…?

続いて、響の親友で、関谷先生に恋する千草恵(ちぐさめぐみ)役の森川葵さん、響と恵も所属する弓道部の部長で中島先生に恋する川合浩介(かわいこうすけ)役の竜星涼さん、そして他校の弓道部員で響に好意を示す藤岡勇輔(ふじおかゆうすけ)役の健太郎さんが「生徒役チーム」としてコメントを。

広瀬・竜星・森川さんの生徒チーム

竜星:(生徒役チームは)常に和気あいあいとしていましたよ。
森川:なんか、仲良かったよね
広瀬:役柄でも、3人でいると末っ子っぽいポジションなので、居心地が良かったです
竜星:撮影中は、すずちゃんが現役高校生だったんだよね。その隣に制服姿でいるっていうのが僕としては「大丈夫?」って思ってました…

舞台上で照れる竜星さんに、三木監督から「大丈夫、大丈夫」という励ましが。

竜星:…2回言う人は、うそをついてるんですよね(笑)

そして、広瀬さんとの共演が多い健太郎さんからのコメントは…?

健太郎さん

健太郎:みんなの知らない広瀬さんのヒミツを教えてほしい…って言われたんですが、俺より皆さんの方が知ってると思うんです。俺…他校なんで(笑)。しかも何か…自分が知らないところでクリスマスパーティしたり、ラーメン食べに行ったりって聞いて…。

俺より皆さんの方が知ってると思うんです

生田:さ、撮影が12月近くだったから、スタッフが泊っている宿の会議室で、手作りでこう…紙のわっかを繋いだりしてね。すずちゃんがたこ焼き焼いたりして。竜星と、葵ちゃんと、比嘉さんも一緒にね。

健太郎:それ…ネットニュースにあがってて。ひとりで家で見て…「楽しそうだな」と…。

生田・中村・比嘉さんの先生チームは、生徒チームに「何かの線を感じた」

ちょっぴり悲しそうな健太郎さんの後には、「先生!」のタイトル通り先生チームのみなさんがお話に参加。作品冒頭で千草がラブレターを渡す、明るく人気の担任教師・関矢正人(せきやまさと)役を演じた中村倫也さんと、伊藤先生を巡って響とあらそう美術教師・中島幸子(なかじまさちこ)役を演じた比嘉愛未さんが大人の余裕をみせました。

中村:最後まで楽しんでいってくださーい

>生田・中村・比嘉さんの先生チーム
>生田・中村・比嘉さんの先生チーム

生田:…ツボに入ってる?
中村:撮影中、すずちゃんの前で悪ふざけしすぎたせいか、顔を見ただけで笑われてね。そうしたら斗真がちょっとすねてましたね。「俺は…そういんじゃねえから」って。
比嘉:私はこの作品の中で唯一のヒール役なんですよね。
――先生と生徒チームで、「ここが違うな」ってことはありましたか?
中村:肌が違う。竜星君がみずみずしくて!歩くたびに水が滴ってる感じ!

>生田・中村・比嘉さんの先生チーム

比嘉:…それ言われたら何も言えなくなるじゃないですか(笑)でもキラキラ度が違いますよね。ふつうにお話しているだけでも「まぶしいっ!」って。
生田:顔合わせの時かな? 僕・中村さん・比嘉さんの先生役と、すずちゃん、竜星、葵ちゃんで向き合ったら…会議室の真ん中あたりにこう…一本の川が流れている感じなんですよ。「戻れない川を渡ったな」と思いました。「大人の階段のぼったな」と…。
中村:で、それでそれで続きは?

中村さんの衣装は…なんと…そして健太郎さんの悲劇

ステージ上で常に笑顔で自由な発言を繰り返す中村さんに、生田さんが苦笑しながら「このステージ上を楽しみすぎでは?」とツッコミを入れると、中村さんからビックリ発言が。

中村:今日来ているこの服ね、斗真くんがプレゼントしてくれたんです。タキシードっていうの?(くるりと回ってポーズ)僕、クリスマスが誕生日だから。健太郎君は落ち込んでいたかもしれないけれど、僕はクリスマス会会場にいなかったけど、喜んでいたから。

今日来ているこの服ね、斗真くんがプレゼントしてくれたんです

生田さんとの仲良しぶりをアピール。そこで健太郎さんが悲しそうな顔でこんな発言を。

健太郎:…さっき生田さんが話した「顔合わせ」の時も、俺、いましたからね…。

健太郎

生田 :(ハッとして)ごめん、いたよ? さっきも言ったよね。すずちゃん、竜星、葵ちゃん
と「健太郎」が…って。
健太郎:(無言)
――先生!、、、優しくしてもらっていいですか?

三木監督・見どころは「〇〇〇」の「〇〇」

最後をしめくくるのは、監督の三木孝浩さん。ミュージックビデオの制作から映画監督となり、「ソラニン」で長編初監督。生田斗真さんが主演した「僕等がいた」をはじめ、「アオハライド」「ホットロード」「青空エール」など、少女漫画原作の映画を多く手掛けています。

三木監督

三木:素敵なキャストのみなさんと、心をこめてつくった作品です。「先生!、、、好きになってもいいですか?」は本当に響の伊藤に対する初恋を丁寧に描いていく、(ある意味)ストイックな部分があって…最初不安だったりしたんです。主演の2人に負担がかかりそうだったので。でも、撮影をINしてから2人が演じる伊藤先生と響の関係性が、観ているだけステキで大丈夫だと思いました。セリフで多くを語るんじゃなくて…表情で雄弁にお芝居してくれていて、それを撮っているだけで「キュン」としたので…ぜひこれから映画を観るみなさんは、2人のアップの表情を…ちょっとした目の動きとか息遣いといった細かいお芝居を、大スクリーンで楽しんでいただければと思います。

「教えて伊藤先生! 恋のお悩み相談室」(生トーク)

続いて、公式サイトや全国の劇場で募集し、約6000通もの投稿があったリアルな恋のお悩みに伊藤先生(生田さん)が答える「恋のお悩み相談室」コーナーがスタート。ちなみにこの「恋のお悩み相談室」は、マーガレットコミックス版の「先生!」で人気のコーナーでした。

「教えて伊藤先生! 恋のお悩み相談室」
マーガレットコミックス版の「先生!」

デジタルコミックでは当時の「先生!MCオリジナル」を好評配信中。もちろん「伊藤先生の悩み相談コーナー」も収録されています。「いつの間にかそんな募集していたの?」と驚く生田さんをしり目に、選ばれた質問を広瀬さんが読みあげます。

広瀬:気になっている彼がいます。彼は誰にでも優しいんです。でも、私だけに特別な対応をさせたいです。どうすればいいですか?

「教えて伊藤先生! 恋のお悩み相談室」(生トーク)

生田:…特別な対応がされたいんですって(笑)
三木:伊藤先生はだれにでもやさしいですからね
生田:だれにでもやさしいひとってどうなの?女子として?
中村:…という質問です(笑)
生田:そうですね…難しい…どう? 比嘉さんは
比嘉:不安ですよそれは。やっぱ特別扱いしてほしいから
生田:自分だけを優しくしてほしい。なんなら他の人には冷たくて自分だけ優しく…
比嘉:わがままを言えばそうですね

「教えて伊藤先生! 恋のお悩み相談室」(生トーク)

広瀬:…特別な、対応が、されたいです(じっ)

「教えて伊藤先生! 恋のお悩み相談室」(生トーク)

生田:……特別な対応ってなんだろうね?

本格的に困りはじめた生田さんに、広瀬さんがまさかのお答えを。

広瀬:消しゴムを2つに割って 1つ貸してくれるとかですか?
中村:…………天然記念物をみるような目で見てしまった…(笑)

本格的に困りはじめた生田さんに、広瀬さんがまさかのお答えを

生田:どういうこと?
広瀬:ふでばこを忘れちゃって…2.3人忘れた子がいるんだけど、自分にだけ、消しゴムを2つに割って、半分くれるとか…そういうことですかね?
(一同満面のほほえみ)
中村:なぜ私だけに…イレイサーを、くれたのか(笑)
生田:「好き!」確定ですよね、それ(笑)

――伊藤先生、そろそろまとめてください

生田:特別な対応をされたいなら、消しゴムを半分に割っておこう!

――常に、割っておく?

生田:…つねに。
(一同爆笑)

こうして、もうひとつの質問にも伊藤先生がお答えし、「悩み相談室」のコーナーは終了。
ホンモノの伊藤先生さながらの大人の答えに会場が沸きました。

締めくくりは主演の2人からのメッセージ

広瀬:人を思うっていいなとか、恋っていいなと思える作品になっていると思うので、思う存分伊藤先生にキュンキュンしながら響の気持ちを共有していただけたらうれしいなと思います

生田:若い世代の方が観ても、大人になった世代が観ても「恋の素晴らしさ」を改めて再確認できるような映画になったんじゃないかなと思います

退場時にはキャストのみなさんがハート型のボールを会場に投げるサービスがありましたが、後列のファンの近くまでいって渡す生田さんや、2階席にまで力いっぱい投げる健太郎さんらの優しい配慮にファンが大盛り上がり。和やかなムードでイベントは終了し、初おひろめとなる本編の鑑賞会がスタートしました。

ハート型のボールを会場に投げるサービス

◆作品情報
「先生! 、、、好きになってもいいですか?」
10月28日より東京・新宿ピカデリーほか全国ロードショー

「先生! 、、、好きになってもいいですか?」
  • ●主題歌:スピッツ「歌ウサギ」(ユニバーサルJ)
  • ●監督:三木孝浩/脚本:岡田麿里/製作:映画「先生!」製作委員会
  • ●原作:河原和音『先生!』(集英社文庫コミック版)
「先生!」
©河原和音/集英社 
©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会